日々bibiビーム VI

作ったり読んだりなにか書きたくなったり。

読む

最近の独語独学のまとめ。

どうしてドイツ語なのか、今までどう学習してきたか、というのを一度がっつり書いていました。 今、読み返しながら変な日本語を直していましたけれど、おもしろかったです(自己満足の自我自賛)。 これらを書いたのが、2年弱前。そこから今日まではどんな感…

『花のあすか組!』と『ワールドトリガー』

あるきっかけで『ワールドトリガー』を読み始めました。きっかけの話は前回書きましたので割愛! 読むなら一気に読みましょう、ということでKindleで22巻まで一気買い。そのあと23巻がでました。今は10巻まで読んでいます。本気出せば一日で読み終わる…

【雑談】2021年の祝日が移動しますよ

発表されたのは年もくれようとしていた前月21日。既存のカレンダーはこの変更に対応していないので、うっかりしないように気をつけないとね。 私のバレットジャーナルのフューチャーログも変更しないといけません。こんなこともあるだろうとは思っていたけ…

Twitter 以上 ブログ未満(2020年10月)

Twitterでつぶやいたことが今一番興味のあることなんだな、と思います。書くことが思いつかなかったら自分のツイートからみつけたらいいのよ、と山田ズーニーさん@zoonieyamadaもおっしゃっていました。※実際にはズーニーさんはもっとずっと丁寧におっしゃっ…

昨年の10月以降に読んだ本の中から数冊ご紹介(2/2)

前回のはこちら。 まずは昨年の10月以降に読んだ本を再掲しますね。 (橙色は前回紹介したもの、青字は今回紹介するもの) ■ あわいの力 ■ そのとき、本が生まれた ■ 辞書を編む ■ マリコ、うまくいくよ ■ レイヤー化する世界 ■ どこでもない場所 ■ ほんの…

昨年の10月以降に読んだ本の中から数冊ご紹介(1/2)

ネタが思いつかないときは、読んだ本の話をするのは鉄板、と思って、直近で読みました話をしたのはいつだったかな、とさかのぼったら、なんと昨年の9月でした。えー、私そんなに本を読んでなかった? いや違うか、本以外のネタが豊富だったってことか(良い…

【わからないです】読書と国語の成績の関係。私の場合。

飯間浩明(@IIMA_Hiroaki)さんがTwitterで「#読書と国語」というタグを利用して証言(?)を集めていらっしゃるのをみかけて、自分も考えてみようと思ったのですけれど。 (というか正確には「読書しなくても国語成績いい理由」ですが) ということらしい…

【自分が楽しい】読みかけの本と、読む気のある積読本のタイトルを並べる。

※ネタが思いつかなかっただけなのでは。※それでもいい。とにかく 本を読むのだー。 「読みかけなのだー」の本。 ■『ちゃぶ台 Vol.5』 ミシマ社の雑誌。もうすぐ読み終わる。 Vol.2 とVol.3 を読んでいないことに気づいた。 ■『数学の贈り物』 森田真生/ミ…

調理リテラシーが低めだった話

タイトルは過去形ですが過去形ではありませんね、という現状です話を始めます。 「栄養」に関しては母親から刷り込まれているので、それなりの知識はあるのではと思っています。母は専門家ではありませんが、専門家の意見を素直に聞くため王道には精通してお…

「心」とか「身体」とか「その2つのバランスを取る」などという内容の本の話。

私の本棚には心や身体に関する本がけっこうあってですね、ひとまずタイトルだけ羅列しますね。わたくし素人ですから、素人向けの読み物ばかりです(一部違います。たぶん)。ちなみに、借りて読んだりすでに手元にない本は入っていません。 青字は読了本、橙…

来年の手帳活用に向けて、手帳関連本を読みました。

来年は今までと違う手帳を使うことは早々に決まっていて、ゆえに手帳の運用が今までと変わってくることは必至でありました。すなわち、ただいま絶賛新システム構築中でございまして、とても楽しい。実際に使うより、考えている時間のほうがたのしいのではな…

9月に本を読むことにした、からの、下旬報告

昨日記事を書くのを忘れていました。もう完全に忘れていました。思い出したのは夜、お布団に入る直前です。いらっしゃらないと思いますが万が一、楽しみにしてくださっている方がいらっしゃいましたら遅れてゴメンナサイ。 さて、遅れていることですし、とっ…

9月は本を読むことにした、からの、今日までに読んだ本。

9月じゃなくても本はぼちぼち読んでいるのですが、改めてこんなことを言いだしたのはなぜかというと。 私は、読んだ本を「読書メーター」に記録しています。今見返すと、初めて記録したのは2013年6月、6年前からでした。6年間コンスタントに読んでいたか…

語学の勉強・試行錯誤 独語多読ができなかったので他の方法を探る後篇

今日で「語学の勉強・試行錯誤シリーズ」は終わらせます(願望)。しかし試行錯誤は続いているので、これだという答えはでません、すみません。こういうふうに考えてやってきたよ、というのを自分で整理したかったので私はこれで満足しており、それがどなた…

語学の勉強・試行錯誤 独語多読ができなかったのでほかの方法を探る中篇

先の記事で、文法書必要なのかも、と考えはじめたところからの続きです。 語学の勉強・試行錯誤 独語多読ができなかったのでほかの方法を探る前篇 ←先の記事 いや、それで買うんですよ。初心者向けの文法書を。最初に買ったのはこれです。 ドイツ語のスター…

語学の勉強・試行錯誤 独語多読ができなかったのでほかの方法を探る前篇

わからない単語や文法などはまったく気にしないで、絶対に調べたりしないで、ただただやさしいものをたくさん読んで徐々にレベルアップしていくタイプの多読 を英語でしていた私は、外国語を、日本語を介して理解するのを拒絶していました。外国語は外国語の…

語学の勉強・試行錯誤 ドイツ語の(やさしめの)読み物の紹介篇

やさしめの読み物の紹介、といっても、読んで判断したわけではない(読めないし)ので、やさしいはずだと思う本の紹介になります。本を買うときのご参考になれば。ただ、すべて10年くらい前に買ったものなので、今も入手できるかはわかりません。ごめんな…

語学の勉強・試行錯誤 私はなぜドイツ語を読めるようになりたいのか篇

中学の時は英語ができたのですが、高校になると英語はだたアルファベットが並ぶだけの呪文になりました。この文字列に意味があるなんてウソでしょう? という状態です。 英語が読めないコンプレックスは、そのまま英語へのあこがれになりました。三十路にな…

読書中の疑問や思考や興味をどうしたらつかまえておけるかな。

「たのしいどくしょ」とか「この本がおもしろい」とか「もののかんがえ方」というたぐいのものをよく読みます。読書は好き。もののかんがえ方も読書の話が多いので好き。 先日読んだ『独学術』(白取春彦/ディスカヴァー携書)には、「疑問から知識が始まる…

【読みました】③『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』で日本地図を買った話。

仲野教授の そろそろ大阪の話をしよう | ちいさいミシマ社 という本を1冊読んで記事を3本書こうとしている、私どんだけ欲張りなのシリーズ。 ① 本の内容について。「読後の感想」です。本を読んだ人がよく書きますね。 こちら →【読みました】①『仲野教授の…

【読みました】②『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』を出版した会社について。

仲野教授の そろそろ大阪の話をしよう | ちいさいミシマ社 を読んで、記事にしたいなと思ったのはこの3つについて。 ① 本の内容について。「読後の感想」です。本を読んだ人がよく書きますね。 こちら →【読みました】①『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよ…

【読みました】①『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』を読みながら思ったこと

こちらの本です。(出版社のサイトにリンクしています) 仲野教授の そろそろ大阪の話をしよう | ちいさいミシマ社 大爆笑、はしませんでしたが、知らないことを知る面白さと対談の語り口の面白さでずんずんと読めました。次の人はどんな話をしてくれるのか…

BOOK MARKET 2019 に行った話

もう終わってしまいましたが、2019年7月20、21日にBOOK MARKET 2019 が開催されていました。 11回目の開催だそうですが、私は今年はじめての参戦です(いくさ?)。 Twitterにも書いたので、ここではそこで書かなかったことを写真多めで書きたいと思います。…

【Just an Idea】読書人口が増えると幸せになる人が多いのではないかと思って

漠然と頭の中にあったことが、いくつかまとまって一つの考えになりまして。それぞれ本に関することなので内容はかぶっており、そのかぶりの部分に整理がついた、ということなのかもしれません。 漠然と頭にあったのはなにかというと、 ひとつめは、本屋さん…

4月と5月に読んだ本

タイトル通りです。ブログ主が読んだ本を報告されてもねえ、という向きもあるかと思いますが、特にこの本をオススメするとかそういうことではないです。それでもご興味がございましたらどうぞ先へおすすみください(リンク先は出版社のサイトです)。 ではで…

【読みました】『絵はすぐに上手くならない』を読んでクリアになりました。

本を読んだり、展覧会に行ったりというインプットが好きで、そうすると自然とアウトプット欲がでてくるのですかね、その手段として、今までは書いたり、布でなにか作ったりしていました。 実は、もう一つ魅力的なアウトプット方法がありまして、それは「絵を…

カバーを外した装丁を愛でる

えー、あらかじめ書いておきますと、私が本を買う買わないの基準は「書いてことに興味があるかどうか」です。ジャケ買いはしませんいや全くしないわけではないですけれども。 この本読みたいなあと思って手に取り、たまたま装丁が好みだったらラッキー、なだ…

本を教科書にするとその本への愛おしさが激増する現象に名前をください。

本を読むときに、ペンを片手に持つ、なんてことは普段はまったくしていません。本に書き込みたくないし、ページの角を折りたくないし、なんというか、本は綺麗なままで置いておきたい派です。基本。 読んでいるときに「ここいいな」と思うところには付箋を貼…

【読みました】『数式なしでわかる物理学入門』からの雑談

英語と物理にコンプレックスを持っておりましてですね、ええ。 英語は酒井邦秀先生の『快読100万語!ペーパーバックへの道』を読んで多読に目覚め、数年間英語ばかり読んでいたおかげで今はそれほどでもなくなりましたが、物理にはコンプレックスから来る…

【読みました】『やりなおし高校日本史』からの雑談

高校日本史のやりなおし、ということですが、高校では世界史を選択したので(社会科は、日本史、世界史、地理から一つ選択することになっていた)、高校日本史は私にとってやり直しではなく、イチからです。中学校で習って以来の日本史です。 ほとんど知らな…