日々bibiビーム VI

作ったり読んだりなにか書きたくなったり。

この時期をお試し期間にするのはどうだろう

今時期、来年度のカレンダーだったり、手帳だったりを調達しますよね。そしてその新しい手帳なりカレンダーなりを手にとって眺めたりしているうちに、来年の抱負などがふつふつと湧いてくると思うのですよ。来年はアレやろう、コレやろう、本読もう、語学の勉強しよう、部屋片付けよう、などなど。

そして、年内に来年度の計画を立てるのですよね、私の場合。そういうの大好きなの。

 

さて、年内に来年度の計画ができました(と仮定)。そして「よーし、来年から頑張るぞ」とわくわくしながら来年を待ち、いざ新年・・

 

はい、ストップ。そこです。私の経験上ですね「年内に立てた計画を年明けから実行」だと挫折率が高いのですよ。だいたいが「計画通りにいかなくてイヤになる」。机上の空論ってやつはこれだからほんと。

で、考えましたよ。年内に計画ができました。ここまでは同じ。そしてそれを年内に試運転をすることにしました。来年になる前に実際にやってみて、計画の精度を上げるのです。実行時間は適切か食事の前が良いのか後がいいのか、場所はどうか居間がいいのか和室がいいのか、準備にどのくらい時間がかかるか、動線はどうか、など、何度かトライ・アンド・エラーを繰り返して精度を上げてこれなら持続できる、というものを引っさげて、新年を迎えるのはどうかな、と思ったのです。

 

私が来年度から頑張ろうと計画を立てているのは、家事のルーティーン。今は毎朝のルーティンの適正を見つけようとお試し中です。週1回すること、月1回、あるいは月に数回することも、スケジュールの雛形を作ろうと思っていて、週は来週から、月は12月に試運転しようと思っています。月に関しては年が変わる前に1度しか試せませんが、まあ、一年かけて精度を高めていきます。月よりも何よりも、

 以前こんな記事を書いたのですけれど、

一年に一度しかやらないことは年内に試せないので、数年かけて修正していきます。

 

その記事にあるように、前年の実績をもとに、今年も一年かけて大掃除をする予定でした。3月ぐらいまでは計画どおりだったのですが、春から気ぜわしくて掃除はまるで手付かず、半年間何もできずに、10月になってやっと気持ち落ち着いて、リカバリーする気になりました。ん、違うな、来年からまたやろう、と開き直りました。なので、今、過去の実績(一昨年の分だけですが)を見直して、一年の掃除スケジュールのリニューアルも試みています。それを数年かけて適正にもっていければと。

 

 □□□□

話は掃除から逸れますが、新しい家計簿を手に入れて、来年度の家計について思いを馳せる時期でもありますね。来年から始める方、今年は挫折しちゃったけれど来年からまた頑張ろうと思っている方、来年を待たずに、今から試運転したらどうでしょうね。今年挫折してしまった方は、11月と12月だけでも記帳して助走をつける、来年から初めて家計簿をつける方は、例えば、婦人之友社からは3ヶ月だけの家計簿なども出ているので、

『かぞくのかけいぼ』から家計簿をつけてみましょう! | 婦人之友社 生活を愛するあなたに

今年も2ヶ月を切ってしまいましたけれども、こういうもので練習して助走をつけるのもいいかなあ、と思います。「かぞくのかけいぼ」と2019年の家計簿のセットもあるのですね。知らなかった!

私自身はまだ来年度の家計簿を入手していないので、入手したら記事にしたいと思っています。

 

□□□□

話は変わりますけれども、家事の他に「ブログを書く」もルーティーン入れる予定です。それから、今、前回考えた来年度の手帳の使い方も試運転しています。

 

□□□□

 

またまた話は変わりますが、試運転の時期、年内ではなくて年明けでも結果は同じことですよね。私の場合は、新年からスムーズに物事が進んだら気分がいいから年内に整えておきたい、というだけです。

まあ、本来、試運転するなんてルールは作らないで、いつでも思い立ったときに始めればいいだけの話なのですけれどね。私は区切りみたいなのを意識したほうが物事に取り組みやすい性格なのかもしれないですね。だからこういう方法をとるのかも。