日々bibiビーム VI

作ったり読んだりなにか書きたくなったり。

帰省や旅行に使ったお金って細かく把握するの大変よね ー 『予算生活の家計簿』をつける

先月『かぞくのじかん vol.34』、2016年の冬号をネタに記事を書きましたが、今日もそこからネタをいただきます。

その記事はこれです↓

「今年こそ、家計簿をつけたい!」という企画の最後に

「はじめての『家計簿』Q&A」があることは先の記事でも書いたのですが、

その中に

帰省や旅行中など、何に使ったかが細かくわからなくなってしまいます。

 というQがありました。そうなんですよね、ほんとそれ。

Aは

出かける前に、所持金を記帳。帰宅してからとの差額を、帰省や旅行の費用として一括記入します。余裕があれば、交通費、食費など、大まかに分けておくと記録として役立ちます。

そうなんですよね、ほんとそれ(二度目)。

私もそうするようにしています。

 

旅行中(移動中)は、そこらでふらっと買い物、というかお財布から大雑把にお金を出すし、そしてそういうときにまずレシートはないし、まあ一度くらいだったら覚えていられるかもしれないけれど、目的地まで遠くて何度もそれを繰り返すとだいたい何か忘れますね。非日常の場面ではあまりケチケチしないで気持ちよく過ごしたいというのもあってですね、いろいろ忘れますね。

 

行く前と、帰ってきた直後の現金の差額をまず押さえておけばだいたいなんとかなると思っています。出発の前日までの現金合わせができていれば一番いいけれど、時間がなかったら、合わせなくてもいいからお財布の中に現金がいくら入っているか把握するだけでも(そしてどこかにメモしておく)。そして帰宅して、次にお財布からお金を出す前に、手持ちの現金をまず把握する。それからゆっくり記帳する。疲れが取れてから。

上のAにあるように、差額を、それが帰省だったら摘要に「帰省」と書いて特別費にするのが一番簡単ですね。

私は記録のため、内容がわかっている出費に関しては、一つずつ書かずに、

・(移動の)交通費

・(移動中の)食費

・(あれば)手土産

にまとめてしまって、帰省なら「特別費」に、旅行なら「娯楽費」に記入しています。

どこぞの入場料とか使用料などはまとめずに書いていますけれど。見返したときに、あー、あそこ行ったねー、とわかるので。

 

非日常であっても不明金を出さないように努力はしますがあまり気負いすぎず、出たらテキトーに仕分けています。食費にしてしまうことが多いです。

 

□□□

 

私の実家のある北海道への帰省は交通費がどうしても高額になるのですが、必要不可欠な費用なので、それとわかるように分けて記帳しています。あとはほら、その土地のものを食べるのも楽しみですからね。食べ物にどれだけお金を使ったか知りたくてそれも分けています。

あー、美味しい魚介が食べたくなってきた。