日々bibiビーム VI

作ったり読んだりなにか書きたくなったり。

一年かけて少しずつ掃除して年末大掃除を避けたい

「きれいになって気分がいい!満足!」と感じる掃除の「量」もしくは「質」は、まったくもって人それぞれだと思います。掃除するの大好き!家の中は毎日ピッカピカ!という方の意識を少し分けていただきたい。

私は、日常は低いレベルで満足できる、というか、いろいろと目をつぶって過ごしていますが、年末になると「隅々までキレイにして年越ししたい」と強く思いがちでした。つまり「大掃除やるぞ、おー!」です。

その結果、年始に楽するための作り置き惣菜づくりと大掃除が重なって、年末はとても大変な思いをしていました。作り置きも掃除も、普段やらないことするからなのですけれどね。一度、年明けに熱出してまさに寝正月を過ごしましたからね。はは。

 

「年末に家の中をきれいにして気持ちよく新年を迎えたい」のは間違っていないし、新しい年の神様をお迎えするのに正当なことだと思います。

しかし私の場合は「きれいに気持ちよく新年を迎えたい」というより、「普段まともに掃除をしていない」後ろめたさが「年末大掃除をしなくては」という強迫観念になっているようです。

 

年末が近くなると大掃除特集があちこちで組まれますが、ここ数年、大掃除用の掃除情報に加えて、「普段から少しずつ掃除していれば、大掃除なんてする必要ないのよ」というニュアンスも伝えられてきているような気がします。楽したい私がそういう情報に敏感なだけな可能性もありますが、でもそれはいい考えだと思いました。

 

普段掃除しない分を年末に取り戻そうとするのではなく、逆に、年末に大掃除したくなるところを、一年かけて少しずつ掃除していけばいい。

そして「一年かけて掃除してきたから」という自信を持って年末を迎えたら、大掃除しなくては、という強迫観念から逃れられるはず。

 

と思ったのが、一昨年の年末。

そして昨年、計画を立てて、一年かけて掃除と整理整頓をしました。

「年末大掃除を一年かけてやる」という体で計画すると、一ヶ月あたりの掃除の割当が少ないので苦ではなく、

そして、結果として、年末には「もう掃除してあるから」と(1月の割当箇所は掃除・整理整頓してからほぼ1年経つ、という事実には目をつぶって)納得して「大掃除」にとらわれることがありませんでした。なので年末は身体がとても楽でした。思惑通りです。

ただ、一年かけて掃除してきたものの総仕上げ的なことがなにかできたら「新年迎える感」も加わってよかったかな、と思っています。具体的に何ができたかはなにも思い浮かびませんが。

 

この「年末大掃除を一年かけてやる」体、意外とうまくいったので、今年も続けます。

計画倒れにならないようにゆるくゆるく、を心がけます。「お試し」を数年続けて、少しずつブラッシュアップできればな、と思っています。「新年迎える感」を加える方法も考えながら。

 

それにしても掃除って、やってもやってもキリがないですよね。キリがないと思うのは掃除がキライな私だからかしら。キリをつけるのに1日の掃除の分量を時間で区切るというやり方もいいですよね。