日々bibiビーム VI

作ったり読んだりなにか書きたくなったり。

ピンポイントな料理本

先月、新米主婦の頃から使っている料理本について書きました。

zipmouse.hatenablog.com

 

今回書くのは、↑この記事で紹介したものほど古くからあるわけではないけれども、数多の片付けターンをサバイバルし処分されずに残った料理本についてです。

タイトルにあるように用途の限られているものばかりなので、私が便利に使っていてもよそのおうちでは役に立たないかもしれません。そもそも入手できるかがわかりません。

 

『圧力鍋の絶品おかず』

著者は枝元なほみさんです。リンクは出版社の書籍紹介ページに貼るようにしているのですが、画像がないですね。最近の本ではないですからね。

「重たくて使うのがめんどうになった」という母から譲り受けた圧力鍋を活用するために買いました。本ではティファールのクリプソ スペリオール4.5L鍋を使っていますが、我が家にあるのはフィスラーの大きくて重いのです(お下がりなので型番は不明)。本のとはメーカーが違いますが気にしていません。本屋さんには圧力鍋用の料理本がたくさんある(はずな)ので、正直にいうと他の本でも全然よいと思います。

圧力鍋料理本はもともと2冊持っていましたが、片方を処分してコチラを残しました。その理由はたぶん、豆を茹でることが多いので基本の豆の茹で方が一覧表になっていたのがよかったのと、ゆで豚、蒸鶏、蒸しジャガのアレンジが美味しそうだったのと、豆料理のアレンジが多く載っていたからじゃないかと想像します。ずいぶん前のことなので忘れました。

圧力鍋でお魚を調理すると骨まで食べられるようになるのは楽しいです。最近「サンマの有馬煮」を作ったらおいしかったです。正直言うと、圧力鍋は重たくて洗うのがしんどいし、大きいので保管場所の確保も考えないといけません。しかし、茹で、煮込みの時間が非常に短縮されるので、必須とは言いませんが、あると便利だと思います。最近は軽くて小さいものもあるのかしら。

 

『フードプロセッサーで絶対作りたくなるレシピ』

著者は村田裕子さん。出版社のページによると品切れ・重版未定だそうです。そうですよねえ。これも最近の本ではないですからねえ。

フードプロセッサーは便利です。みじん切りが苦ではなくなります。みじん切りが苦ではなくなると、ミートソースやドライカレーを作るのが苦ではなくなります。そして冷凍して常にストックを持っておくと、いざという時に楽ができるので、気持ちに余裕ができます。ちなみに、みじん切りをフードプロセッサーに、グツグツ長時間煮込むのを圧力鍋に任せたら、ミートソースがすごく早く楽に作れるようになりました。エダモンの圧力鍋の本にはミートソースの作り方はなかったので、処分したもう一冊の方に載っていたのかもしれません。水分量の試行錯誤をした覚えはあります。

しかし、みじん切り以外にも活用したいと思って専用本を購入。本ではナショナルのフードプロセッサーMK-K58を使っていますが、私が持っているのはメーカーが違います。もちろん気にしていません。圧力鍋のときと同じですが、フープロ料理本はこれがベストではなく、他の本でも全然よいと思っています。

この本を見ながら、ひき肉を自分で作ってそれを調理すると、ハンバーグがすごく美味しくなることがわかりました。フードプロセッサーはひき肉料理を美味しくしてくれますね。最近は作っていませんけれど。

私がこの本を手放せないのには理由があって、それはおせち料理のレシピが載っているからです。フルコースを作ることはできませんが、それっぽいものが作れます。この本を買ってからおせちっぽいものを作るようになって、年始がずいぶん楽になりました。この本を開くのは年末だけになっているような気がするのですけれど。。。まあいいか。ちなみに黒豆は圧力鍋で作っています。

 

『毎日が楽しくなる塩麹のおかず』

著者はおの みささん。出版社の書籍紹介にはありませんでした。これも最近の本ではないですからねえ。

特定の調味料の本を自分が買うことはないだろうと思っていましたが、塩麹が一世を風靡したときに、塩麹に漬けたお肉を焼いて食べてこんなに味に深みが出るのかと感動し、本まで買ってしまいました。それ以来塩麹は何度も作っていて、今も冷蔵庫に入っています。レシピはどれもそうなのですけれど、今はネットで調べればすぐに作り方がわかります。でも、本として手元のあるのはやっぱり心強いというか。台所に立っていて、あれはどうだったっけ?というとき、本を開くほうがネットで調べるよりも断然早いです(料理本は台所に置いてあります)。この本は漬けるものの重量に対する塩麹の割合が書いてあったので便利だなと思いました。まあ、本に頼らずに、塩の代わりにどんどん使っていくスタイルでいいのではないかと最近は思っています。

 

□□□

 

他にも便利に使っている料理本はあるし、使っていないけれど好きで持っている本すらあるのですが、それはまた今度にしよう。