日々bibiビーム VI

作ったり読んだりなにか書きたくなったり。

白欄の活用方法を自分なりに考えてみました ー 『予算生活の家計簿』をつける

だいたいの出費は既存の費目で事足りるのですけれど、特別費の次に、自由に費目を設定できる白欄がありますよね。2つ。

使わなくても全然問題ないと思うのですが、私は、そのうちの一つを「車費」と命名して、ガソリン代、パーキング代、高速道路の使用料、あと、車とは関係がないのですが、交通系ICカードへのチャージ代を記入しています。

交通費は「移動目的」によって費目に割り振る、と家計簿の説明にあった気がするのですが、

(・・・調べ中・・・)

ありました。

「すぐわかる予算生活のガイド」の〈二つの白欄〉の項目に

交通費は一度の外出でいろいろの用事を兼ねることが多いのですが、主なところにつけます。子どもの学校に行く交通費は教育費。何かするためには交通費が伴うことを意識したいという創案者の考えによっていますが、交通費として分けたい場合は白欄を使って下さい。

 と書いてありました(下線は私が引きました)。

交通費に白欄を使っていいよー、の旨も書いてあるので、白欄を交通費として使っている方は多いのかな。交通系ICカードへのチャージ代などを記入するのにこの欄は便利ですよね。

※私もチャージ代をこの欄に記入しているのでこの欄を「車費」ではなく「交通費」と命名することも考えたのですが、今のままでいいことにしました(費目名を書く時に「車」だけのほうが簡単でいい、というのが主な理由)。

 

白欄はもう一つあるので、他の使い方も考えてみました。実行しているわけではなく、アイディアだけですが。

特定の趣味の費用に使う

私は布系のハンドメイドが趣味なので、例えば、手芸屋さんで買ったものはここに記入、とか。生地や糸は買った時点で使い途がはっきりしていないことが多くどの費目に入れるかけっこう迷うので、思いついたときはいい案だと思いました。が、ここ数年は手芸屋さんで買い物をするのを控えているので実行していません。

ピンポイントで

純粋に「◯◯だけの費用が知りたい」と思えば、試しに一年だけでも白欄を利用して記入するのはどうかしら。自分の書籍代だけ、とか。

減らしたいものをピックアップして記入する

いかに記入しないで(買わないで)過ごせるかを試す、という趣旨で。お酒やたばこはどうかしら。私なら、うーん、お菓子かな。

節約のモチベーションを上げる

今パッと思いついたのですけれど、月次や年次の集計には入れない前提で、セールで思いがけず安く買えたり、ちょこちょこ買いを我慢したりして「節約できた」と思う金額を書いていくのはどうかしら。まあ、そうすると白欄がただのメモ欄になってしまいますけれど。基本「記帳は面倒だ」と思っている自分は続けられないのでやりませんが、できたらおもしろそう。

 

□□□□

 

記帳が楽しくなる方法ってないかなー。楽しみとかご褒美とか用意したらいいのかな。