日々bibiビーム VI

作ったり読んだりなにか書きたくなったり。

初めての予算は一年後にたてる、という方法 ー 『予算生活の家計簿』をつける

「家計の予算をたてる」のは、婦人之友社の家計簿に接しない限り、なかなかやらないのではないかと思うのです。私が寡聞にして他の家計簿を知らないだけかもしれません。

なので、来年から初めて婦人之友社の家計簿をつけようと思っている方が、いきなり「来年度の予算をたてる」のは難しいのではないかと思うのです。

 

「家事家計講習会」はそういう方のために開催されているのかしら。私は講習会の準備をしている母親を横目で見ていただけで実際に参加したことはなく具体的には何も言えないのですが、時間とやる気のある方は参加されたら良いのかな。

 

でもそういう場に参加する機会がなかったらどうしましょう。

私は、一年目は無理に予算を立てなくてもいいのではないかと思っていて、実際に最初の一年は実績だけを書き込んでいました。

は?実績を書き込むだけ?と思うかもしれませんけれども、家計簿をつける習慣がないときは、書き込むだけでもたいへんな労力なのですよ(記帳を数年続けていても面倒に思う私ですからね)。

予算生活のガイドなどに予算の立て方は書いてあるし、婦人之友社の雑誌には家計簿特集もあるし、最初から立てられるようになっているはずなのですけれど、家計簿をつけてよりよい暮らしをしよう、という希望に満ちた状態でたてた理想の予算が現実にそぐわない確率はかなり高いと思ったし、そうすると実績が予算からどんどん乖離していくに違いないし、当時はわりと完璧主義者だったのでその状態がすぐに嫌になりモチベーションが保てなくて途中で挫折するのが目に見えたのですよ(計画がうまく行ったためしがなかなかないのです。闇は深い)。

 

挫折して家計簿をキライになりたくなかったので(これは家計簿に対する本気のあらわれです)、一年間はただただありのままを記帳して、費目別に我が家の消費の傾向をつかむことに専念し、2年目から、その実績をもとに予算を立てました。慎重ですねえ。

毎月一定の支払い、一年に一度の支払い、その月特有の支出、税金や社会保険等で天引きされる金額がわかるだけでも、手がかりが何もないよりは予算が立てやすいと思いますし、そもそも、一年間コツコツと記帳を続けていたら、我が家の一年間の収入&消費データ(費目別・アナログだけど)が手元に集まるのです。ないのに比べたら圧倒的アドバンテージ。

(予算を立てる時期によって、一年分のデータが集まりきっていないこともありますけれど)

 

各家庭の、生活の仕方や大事にしている事柄は千差万別でしょうから、予算も家庭の事情により様々なものになると思うのです。理想の予算はどこかに存在すると思いますが、それを自分の家庭にそのままあてはめることはないのではないかなー

 

私のように予算を立てるのを一年遅らせるか、それとも、

すぐさま理想の予算をたててそのとおりに生活するのが手っ取り早いし、守れなくてもそれほど気にならないし、無理な予算だったとしたら、実績をもとに次年度の予算をブラッシュアップするだけ、初年度からとっとと予算をたてちゃおう、

と思うかは、人それぞれかな。

予算を立てるのに自信がなかったり、自信をなくすのがいやで慎重になっていたら、予算を立てるのを一年遅らせる方法もありますよ、というご提案でした。

 

↓おお、こんな記事を書いていました。ご参考まで。

zipmouse.hatenablog.com