日々bibiビーム VI

作ったり読んだりなにか書きたくなったり。

「大器晩成」は難しいと思った話。

小学生高学年女子って「占い」が好きなイメージがあるのですがどうでしょう。ちょうど「〇〇くんかっこいいー、きゃー」などと言い出す頃で、昔々のことになりますが、私も私の周りも占いが大好きでした。

 

で、小学生ではなかったと思うのですが、ハイティーンのころだったかなあ、手相か四柱推命か忘れましたけれど(いろいろとアバウト)、

星座占いとは違う占いで、「大器晩成型」です、と出たことがありました。まだ若かったので「『晩』っていつだよ」と思いつつ、大きく成功するのは今日明日のことではなく年をとってからなんだなという認識で、今日まで過ごしてまいりました。あの占いからずいぶん経ちましたがいまだに大器の片鱗は見えてきません。まだ時期ではないということでよいでしょうか。

 

などとつらつら思っていたときに、ふと、

 

待てよ、

 

人って、たいがい「大器晩成」型なのでは?

あの占いはアタリマエのことを言っていただけなのでは?

 

 

だってね、人って、生活していたらいろいろ経験して、学校で学ぶのとは違う勉強をすることになるわけです。したくなくてもしちゃうし、そうやって経験の引き出しを増やして、10年前より確実に賢くなるのですよ。そうすると、何かをしようとするときに、

10年前よりは経験が貯まっているので活かしやすいだろうし、

感情のコントロールも若い頃よりはできるだろうし、

尖りも減って世の中うまくわたっていけそうだし、

年をとったらその分だけ何かを成し遂げる確率があがるのでは?

 

それを若くしてやっちゃう人もいて、それはすごいことだし、ほんとに地頭がいいのだと思います。うらやましい。

 

で、実際問題、自分の20代を振り返ると、とても刹那的であり、何かを成し遂げられたであろう気配はさらさらありません。30代は不安が強くて余裕が全然なく、冷静に振り返ってあの頃の自分はおかしかったですし、今は、もうすぐ50代に手に届きそうなでもまだ40代なわけですが、うーん、そうだなー、中身は10年前より確実に成熟していっているけれども、まだ途上な感じ。10年後に今を振り返ると「何が成熟だよ、まだまだだよ」って自分にツッコむのが見えるレベル。

若くして頭角をあらわすタイプでは、明らかに、ない。

 

えー、

 

晩成の「晩」っていつですか? 30年前と変わらない疑問 。まだまだ修行中です。

 

 

「『晩』がいつなのか」問題はありますが、たいていの人がそのうち「晩成」するとして、しかし、「大器」かどうかというのは別問題だ、と今気づきました。

私はどこで「自分は『大器』である」という希望を捨てたらよいのでしょうか。まだ夢をみていてもよいでしょうか。

 

Google先生に「大器晩成」を聞いてみました。 

たいきばんせい
大器晩成
 
  1. 本当の大人物は、若いころは目立たず、徐々に実力を養っていって後に大成するということ。
     

「本当の大人物」・・・・。

 

goo辞書先生はこうおっしゃっています。

たいき-ばんせい【大器晩成】の意味

新明解四字熟語辞典

    • 大きな器は完成するまでに時間がかかることから、真に偉大な人物も大成するのが遅いということ。大人物は遅れて頭角を現すということ。才能がありながら不遇である人に対する慰めの言葉としても用いる。▽「大器」は偉大な器量をもつ人。「晩成」は多くの時間を費やして成就すること。

 

大人物じゃないと駄目なようです。

 

わかりました。自分が大人物であるとはまったく思わないので「大器」は諦めます。小さいことを成し遂げられたらいいです。小器でいいです。「家族が健康に過ごす」とかでいいです。

そうだなあ、「大器晩成」型と言われたときに、はっと気づいて何かを始めて、コツコツ続けていたらちょっと違う人生を歩んでいたかもしれないですね(まあ、そこで気づく才覚があったら、早めに才能を開花させている気がするけれど)。

今に不満があるわけではないですけれど、パラレルワールドで生きている自分も覗いてみたいわ。

パラレルワールドって小説になるよなあと思ったら、今、Chrestomanciシリーズを読んでいました。