読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々bibiビーム VI

作ったり読んだりなにか書きたくなったり。

2010年度 斉藤謠子さんのマンスリーキルト

今でもNHKのテキスト『すてきにハンドメイド』でマンスリーキルト企画をやっているのかな、と今、少し検索してみたら、2016年4月号ではこうの早苗さん、10月号では花岡瞳さんのマンスリーキルト企画があるようなので、半年企画になったのかしら。

最近購入していないのでとんと疎くなっております。

 

私の挑戦している斉藤謠子さんのマンスリーキルトは1年モノ、2010年4月から2011年3月までの企画です。作り始めたのは約7年前、

まだできあがっておりません。おかしいな。

しかしですね、ただいま仕掛品を軒並み完成させるというウェーブがきており、追い風であり、こうして書いておけばきっとやる。なので、

仕掛品最大の難関、斉藤謠子さんのマンスリーキルトは今年中に完成する。

朗報があります。12月分(9個目のブロック)が先週完成しました。

 

よし、今まで作ってきたブロックを晒します。

 

その前に、2010年度のマンスリーキルトがどういうものだったかというと、アップリケなのです。お花のアップリケ。花瓶にかざってあるお花のアップリケ。刺繍を少し加えて、そのアップリケの土台の周りにちょっとしたパッチワークを配置して1ヶ月分が完成です。 

私、アップリケが苦手なので、練習しようとあえて挑戦いたしました。

あのとき思いとどまっていれば・・・

 

あとね、斉藤謠子さんのあの特徴的な配色に負けないで、自分の配色をしていこうと。お手本があるとき、そのお手本の配色に引っ張られてしまうことが多いのですよね。そこを破壊していく。

なので、斉藤謠子さん的な配色を期待して私のブロックを見ると間違いなくがっかりします。

 

土台布は、無地ではなく模様の入ったものを使うことにしています。無難にまとめないでチャレンジしていく姿勢をみせる(誰に

それから、15年以上前に半年通ったキルト教室の先生が、「一つ一つのブロックの配色がしっかりできていたら、それを適当に並べるだけでもステキな作品になる」とおっしゃっていたので、それを信じて、一つ一つのブロックが独立しているものとして配色を考えるようにしました。

あとは端切れを使うことを心がけました。

 

では参ります。アップリケが下手なのは仕様なので気にしないでください。

4月

f:id:zipmouse:20170319113403j:plain

恥ずかしい。しかしこれが7年前の私。一つ目ですからね。これからですよ、これから。これは刺繍の必要がありませんでした。そういうものだと思っていたら・・・

 5月

f:id:zipmouse:20170319141811j:plain

一つのブロックにこんなにたくさん刺繍をしたのは初めてです。刺繍も得意ではなくて。でもアップリケの量が少なかったのでそこは楽でした。しかしこれも配色が気に入りません。直したい・・・・

6月

f:id:zipmouse:20170319113421j:plain

これはまた。これはね、アフリカっぽくするというテーマで配色したのです。お花のデザインが尖っているので、アフリカっぽくしたら面白いかな、と。

7月

f:id:zipmouse:20170319113429j:plain

ここらへんから制作ペースが鈍ってきたような気がします。少し濃い目の土台布を使うというチャレンジをしました。上の3つよりはマシではないでしょうか。

8月

f:id:zipmouse:20170319113436j:plain

アップリケの量が多くて、モチベーションが上がらない中なんとか完成させたブロック。この小さい葉っぱ、嫌だよう。

あまりにやる気がでなかったので、お友達とおしゃべりしながらまつり縫いをしてたのを思い出しました。無地ではないですがとても無難な土台布を使ったので、アップリケにどんな布を使ってもしっくりきますね。こういう布はありがたい。でもチャレンジではない。

9月

f:id:zipmouse:20170319113443j:plain

一番気に入っているブロック。花瓶にワッフル、鉢にコーデュロイを使ったのもしっくりいって嬉しい。土台布もお気に入りのものです。好きな布を使うというのはいいですね。

10月

f:id:zipmouse:20170319113449j:plain

この花瓶、チャレンジングですね。違う布にしていたらもっと良くなったと思う・・・これもアップリケの量が多くて辛いブロックでした。

 11月

f:id:zipmouse:20170319113456j:plain

土台布に濃色を使うというチャレンジ。何が不便て、アップリケのラインをうまく転写できないこと。どうすればよかったんだろ・・・。まあ、アップリケの量が少なかったのでなんとかなった模様。アップリケのピースをすべて違う布にするというチャレンジもしています。

12月

f:id:zipmouse:20170319113503j:plain

つい先日完成した12月分。4月分から11月分完成までも数年かかっていますが、11月分の完成から数年が経ってやっと完成。このブロックは作りかけでしばらく放置してあったので、今月に入って制作を再開したときは「私は何をしたかったのか」というのを思い出すことから始まりました。この配色は好き。

 

今できているブロックはココまでです。あとは1月号と2月号のブロックを作って、3月号でボーダーを作ると(3月分の作業量はそれまでの11ヶ月分に匹敵すると見積もっています)。

 

12月分まではトップにおけるそれぞれの配置をみないようにして、1ブロック1作品という気持ちで作ってきましたが(でも全然そうはなっていなくて呆然)、

そろそろまとめることを考えねば、ということで、1月号と2月号に使うブロックの土台布は全体を見渡してから決めることにしました。

今まで作ってきたブロックを並べる

f:id:zipmouse:20170319113817p:plain

おお。私としては左上のあたりに納得ができませんが、まあまあまあ、目をつぶりましょう。並べてみると、一つ一つのアラが薄まりますね。良きことかな。

下に並べてある紙の場所に、1月分、2月分のブロックが置かれます。土台布は無難になりすぎないように選びたいと思います。ボーダーに使う布や裏布に使う布も同時に検討します。このためにわざわざ布を買い足すことをせずに手持ちでなんとかします。

 

さーて、来年まであと9ヶ月ほどありますね。