読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々bibiビーム VI

作ったり読んだりなにか書きたくなったり。

来年度の予算を立てるタイミング ー 『予算生活の家計簿』をつける

「予算は年内に考えて、年明けから予算をガイドに暮らしていく」のが私の理想ですが。

 

・・・。

 

理想ですが。(2回目)

 

そうしようと思ったら今から準備をしないといけないのですが、今年は(今年も)年内に立てるのは無理そうなので、

もし私が年内に予算を立てるとしたらどうするか、という話と、

でも実際はこうするつもりだ、という話を書きたいと思います。

 

□□□

 

年内に来年度の予算を立てるときはどうするか。

 

私は過去の実績を参考にして予算を立てる派なので、今年度の12月の実績がきっちりでてから来年度の予算を立てたい気持ちが強いです。でも12月の実績がかっちり固まるのは翌年の2月くらいなので(クレジット請求の関係で)、12月の実績待ちなどと言いだしたら、年内に予算を立てるのはそもそも無理です。

 

それでも年内に立てるとするならば、一つの手として、10月までの実績を参照にして立ててしまう、というのがあります。12月には10月までの実績がきっちり出ているハズ(我が家の場合)。

10ヶ月分なので、累計を10で割れば1ヶ月の平均を出すのは楽ですし、この方法は、今年から家計簿をつけ始めた、という方にも使えます。

 

ただ、計算に入らない11、12月、特に12月は、クリスマス関連や年末年始の準備など、普段の月にはない特別な出費があり、他の月より支出が多くなりがちです。なので、12月ならではの出費を無視して予算を立てると、年間の支出を実際より低く見積もった予算になってしまう可能性があります。

 この問題をどうしたらいいのか自分もわからなかったときに、婦人之友社の家計簿歴がかなり長い母に、どうしたらいいの、と聞いたことがあって、そうしたら「前年の11、12月の実績を参照にすればいい」と教えてくれました。わりと頭の硬い私は、そんなこと考えたことがなかったので、なるほどそうか、と目から鱗が落ちました。

つまり、2017年の予算を立てるなら、2015年11月から2016年10月までの12ヶ月を参照にして立てるということですね。年度をまたぎますが、それでも1年分の実績になりますから、10ヶ月分だけ参照にするよりは実態に近くていい方法だと思っています。

 ※関係ありませんが、私、年内に予算を立て終えたことがあるのです。信じられません。当時の私はどこに行ってしまったのでしょう

 

□□□

 

さて。年内に予算を立てるなんてことは今年はハナから諦めている私ですが。

ではどうするつもりでいるのかといいますと、年が明けてからたてるつもりですというかそれ以外ないです。それならそれこそ今年の12月の実績がきっちり出てからしっかり組めばいいではないか、という考えが頭をよぎりますが、

でもそれをすると、上にも書きましたが、予算を組み終わるのが2月以降になってしまい、それはそれで問題があってですね(たぶん私だけの問題ですけれど)。

1ヶ月以上予算なしで過ごすことになるということはもちろんですが、2月に立てるつもりが3月になり、あっという間に5月になって、そこまで放置すると今から立てるのもどうよ、という話になって予算なしで1年を過ごすことになる可能性があるのです。ええ、実際に予算を立てずに終わった年があるのです(記帳だけはしていましたが)。

そんな再現はしたくない。そのために、いろいろとやる気に満ちている1月に、それも早いうちに予算をたててしまう意気込みです。鼻息荒いです。その場合、12月の実績が固まっていませんが、それでもだいたいの予測はつくし、2015年12月から2016年11月までの実績を参照にする予定です。

 

□□□

 

さて、予算立て、がんばろう。10日までに立ててしまおう。みなさまも良い予算を立ててくださいマセマセ。