日々bibiビーム VI

作ったり読んだりなにか書きたくなったり。

Google Analyticsを設置したときのスッタモンダ

WordPressでブログを書いていた時、Google Analyticsというものを使ってアクセス解析していました。そのブログはなくなってしまいましたが、 そのときのAnalyticsアカウントは残っていました。

 
まあ、解析したところで特にどうするわけでもなかったし、今後どうするつもりもないのですが、アクセスがあるってだけで嬉しいのよねー
 
ということで、残っていたGoogle Analyticsアカウントを使って、はてなブログ(ココ)に設置。はてなブログで使えるようにするのは簡単でした。いや、逆だな。簡単そうだったから設置する気になったのでした。はてブ自体にも簡単なアクセス解析はありますけれど、Google Analyticsのほうが数倍面白いですよね(ね?ね?
 
はてブGoogle Analyticsを設置する方法は、丁寧に解説してくださる方がたくさんいらっしゃるので検索すればすぐにわかると思います。なのでここではチャチャッと(不親切仕様でスミマセン
 
まずAnalyticsのプロパティ設定で、自分のブログの情報をチャチャッと入力してそこでトラッキングIDというものをもらって、
そのトラッキングIDを今度はブログ側の「設定」→「詳細設定」にある「Google Analytics埋め込み」というところに貼り付けるだけ。
 
そう、貼り付けるだけ。貼り付ける部分は私でもすぐできた。
ただ、貼り付ける前後がややこしかった。
 
まず私は、古い(WordPressのときの)プロパティ設定は削除しました。
そしてはてブのアドレスで新たにトラッキングIDをとろうとしたときにひとつ目のワナ。
 
「デフォルトのURL」にブログのアドレスをアドレスバーからコピペすると、入力スペースに「http://」が入ってしまうのよね。入力スペースにはhttp://よりあとの部分だけ入れないとダメなのよね。私はエラーが出ても最初気がつかなくて「なんでよアドレスあってるわよ(怒)」ってなりました。すぐ気がつきなさいよ自分。
 
で、気がついたので直して、トラッキングIDを無事にもらえて、それをブログ側に貼り付けるところまではスムーズに。
 
ところで、アドレス解析をするときは、自分のアクセスを解析から除外するように設定をします。自分のアクセスをカウントしてしまうと、ぬか喜びするはめに。
私なんかはエントリをアップした直後に結構な頻度で自分のブログを訪れますからね、始めたばかりのブログで「始めたばかりなのにもうアクセスある!」と喜んだら全部自分のだった、ってことになります。
 
除外の仕方はいくつかありますが、WordPressで使っていた時はIPアドレスを指定して除外していました。使い回しのアカウントなので、解析対象のブログが変わっても、除外設定はそのままでいけるはz...
 
あれ、除外されていない。
解析レポートをみて、
 
こんな出来たてホヤホヤのブログなのに、アクセス回数とページビュー数が異常に多くて、しかも、公開する前の仮タイトルの記事にまでアクセスしてる人がいる!コワイ!
 
と思ったのですが、いやそれ、どう考えても自分。
自分のアクセスがキレイにカウントされているわ。
 
どうして除外できないかなあ、IPは正しいよねえ、などと首を傾げていたときに、はっ、もしや、と思い「アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】」というサイトにアクセスすると、
 
予感的中、
 
 
自分のIPアドレスが変わってる
 
 
そうか、そうなんだ。
プロバイダが変わったらIPアドレスも変わるんだ。おばちゃん知らんかったわー
先月ブロバイダを変えたのです。その影響がココに出るとは。
家庭で使っているようなIPアドレスというのは、基本、ネットにアクセスするたびに変わるものらしいのですが、最近はそうでもないらしく、少なくとも私のところは同じプロバイダを使っている間は同じIPだったので、IPアドレスというのは変わらないものなのだと思っていました。ひとつ勉強になりました。
 
ということで、新しいIPアドレスで除外設定をしました。
 
だがしかし、どうもまだ除外されていない。
なぜだ。
 
どうして自分が除外されていないことがわかるのかというと
ヨソからのアクセスがほぼない、という前提で、
 
まず、自分で自ブログにアクセスする前に、Google Analyticsのレポートを開きますね。「リアルタイム」ではなく、期間で解析してくれるレポートで、その期間を今日1日だけの設定にします。
 
で、たいしてアクセスがないのがわかります(むしろゼロ)。
というのを確認してから、自ブログに行って、また Analyticsに戻ってきます。
で、レポートを再読込したら訪問者が1名カウントされています。その訪問者のブラウザやデバイスの種類、アクセスした時間や閲覧したページがすべて自分に該当していましたら、自分のアクセスを除外できていないことが無事確認できたというわけで。
 
確認できたので、やっぱり除外されていないねー、どうしてかなー、と管理画面のアカウントの「すべてのフィルタ」の中身を凝視して原因を探ります。
 
あ、「ビューにフィルタを適用」していない。
 
すぐさま使用可能なビューの欄にある「すべてのウェブサイトのデータ」を選択し、「追加」ボタンをポチすると選択したビューの欄に移る。で、保存。
 
もう一度除外チェック。うん、今度は大丈夫そう。もう大丈夫だと思いm.....
 
あれ、また自分が復活している。しばらくブログ関連でいろいろ作業したあと解析結果をみたら、なんかまた自分のアクセスが復活している。なぜ(悲
 
 
そういう事例が他にもあるのかと検索してみましたが、みなさん順調にアクセス解析できているようで、参考になるものがありません。
 
知識のない頭で理由をうーんうーんと考えたのですが、
 
アカウントを使いまわそうとしたせい?
 
ということしか思いつかなかった。
もうそれしか思いつかないので、
 
結局旧アカウントは削除して、
新しくアカウントを取り直しました。
 
ここまでぐだぐだ書いておいてこんな結果ですみません。
それから数日経ちますが、無事に除外されているようです。今も心配になってチェックしてみましたが、大丈夫でした。リアルタイムでもカウントされていませんでした。
 
ぐだぐだ書いた中になにかお役に立つものがありましたら幸いでございます。