日々bibiビーム VI

作ったり読んだりなにか書きたくなったり。

この時期をお試し期間にするのはどうだろう

今時期、来年度のカレンダーだったり、手帳だったりを調達しますよね。そしてその新しい手帳なりカレンダーなりを手にとって眺めたりしているうちに、来年の抱負などがふつふつと湧いてくると思うのですよ。来年はアレやろう、コレやろう、本読もう、語学の…

【Just an Idea】2019年の手帳の使い方イメージを羅列

タイトルの頭にありますが、思いつきなので、たいして参考にならないと思います。実質ただの覚書です。思いついたことをすぐ忘れるので。 ※あまりにも書き散らしが過ぎるので、最後にまとめました。 ↓この記事に書きましたが 2019年用の手帳はほぼ日手帳Week…

【読みました】『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』

本のタイトルが長いので、ブログのタイトルから本の副タイトルは割愛しました。「タイトル」言い過ぎ。 株式会社ミシマ社 | 絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話 | 原点回帰の出版社、おもしろ、楽しく! ↑副タイトルはこちらでチェック(出…

2019年用の手帳が決定。

この時期は文房具売場や本屋さん、そして小さな雑貨屋さんまで手帳を並べていますね。みなさま、来年度の手帳は決まりましたか。 初めに今年の話をすると、わたくし、今年度はほぼ日手帳weeksと婦人之友社の主婦日記を併用しました。 2009年からほぼ日手…

北海道で美味しかったもの。

前々回に友人と泊まったホテルクラビーサッポロについて記事を書きました。次は札幌(北海道)で美味しかったものについて書く予定だったのに、絶賛開催中だった片付け祭りについて書いてしまいました。今度こそ美味しいものについて書く。 □□□□ その前に。 …

第2回『ときめき片付け祭』開催中に気づいたことなど

5年ぶり、2度目。 お盆の帰省の道中で『人生がときめく片付けの魔法』(近藤麻理恵さん)を再読し、8月16日から開始。順序通りに洋服から着手。それから本、書類と片付けを進め、小物がそろそろ終わりです。 5年ぶりと書きましたが、実は過去に一度、…

2018年、ホテルクラビーサッポロで大人女子会

2016年にも大人女子会の記事を書きました。 こちら↓ zipmouse.hatenablog.com 2017年はホテルモントレ札幌で開催されましたが、書くのを忘れていました。まあいいや。 タイトルに大人女子会とありますが、決しておしゃれなものではなく、アラフィフ女子3人…

マインクラフトは面白い

ゲームの話です。 「マインクラフト」は、ジャンルで言うと「サンドボックス」型のゲームです。 「サンドボックス」型のゲームとは、(コピペですが) ビデオゲームにおける「サンドボックス」とは、ゲームの進行に関わるタスクやクエスト類が存在せず、プレ…

地元とトウキョウ

母校(高校)の同窓会が開催されました。 今年度の同窓会の準備をしたのは私の卒業した期。昨年は私達の一つ上の期が担当し、来年は私達の一つ下の期が担当します。要するに、担当期を順に下へ送っていって同窓会が開催されているわけですが、私は担当期であ…

どうしたら陰口を減らせるか考えてみた

陰口を聞くのが不愉快だし、自分が陰口を言うと、体内にどす黒いものが生まれるような気分の悪さを感じるので、言わないようにしています。言うと必ず「言わなきゃよかった」と後悔するので。 「その場にいない共通の知人」の話題を持ち出すパターンをいくつ…

落ち着かないときは掃除をするといいっぽい。

私がよくテレビをみていたころは、トレンディドラマが全盛でした。 二十歳前後でよく観ていたのかな。 今パッと思いつく当時の役者さんは、W浅野、陣内孝則、三上博史、石田純一etc 当時観ていたドラマのタイトルはどれも思い出せないし、 内容もほとんど覚…

【2回目】ウルトラミラクルスモールステップ進捗状況報告回

久しぶりの投稿が、なかなか習慣づかない話の繰り返しで、 どうもすみません。 いやね、定期的に進捗状況を確認しないと、 立てた目標がなし崩しに「なかったこと」になってしまうのです。 ここに書くことによって続けられるのです。 お付き合いいただいて、…

帰省や旅行に使ったお金って細かく把握するの大変よね ー 『予算生活の家計簿』をつける

先月『かぞくのじかん vol.34』、2016年の冬号をネタに記事を書きましたが、今日もそこからネタをいただきます。 その記事はこれです↓ 「今年こそ、家計簿をつけたい!」という企画の最後に 「はじめての『家計簿』Q&A」があることは先の記事でも書いたので…

ウルトラミラクルスモールステップ状況確認の回

先月このような記事を書きまして。 で、実際効き目(効き目?)があるのか気になりますよね(私が)。芳しくない成績なのはウスウス感じていますが、PDCAのC(Check)大事。評価。ううう。 まずは目標の確認 1.読書 → 本を手に取る 2.家計簿記帳 → 家計簿を…

【読みました】『21世紀の楕円幻想論』

平川克美さんの『21世紀の楕円幻想論』を読みました。 株式会社ミシマ社 | 21世紀の楕円幻想論 | 原点回帰の出版社、おもしろ、楽しく! (出版社のサイトにリンクしています) タイトルの半分以上が漢字でしかも「論」なんてついているタイトルの本が本屋…

今を助走期間にできるかも ー 『予算生活の家計簿』をつける

過去の『かぞくのじかん』(vol.34:2016年冬号)の「家計レッスン」のページは 今年こそ家計簿をつけたい! というタイトルでした。お子さんのために学資保険などもしているけれども、家計簿はつけたことがないという相談者は 少しでも節約して貯めなければ…

目標を達成することを諦めがちなのでなんとかしたいと小さく試みている話

計画を立てるのは好きで、立てた直後は達成イメージに向けて計画をこなす気満々ですが、まあまず計画通りにいかないし、途中で計画そのものが存在しなかったことになるのが常。 そんなことをずーっと繰り返しているので、最近では計画を立てていても「まあ、…

【読みました】『フランバーズ屋敷の人びと』シリーズ

数年前に岩波新書から宮崎駿著『本へのとびら ー 岩波少年文庫を語る』が出版されました。宮崎監督が岩波少年文庫の中から選んだお勧め作品が列挙されています。 宮崎監督に勧められるまでもなく、岩波少年文庫は面白いです。青少年向けということで、表現も…

選手の皆さん、ありがとう。

「オリンピックってどうなの」「ぶっちゃけワールドカップのほうが面白いんじゃないの」「開催地決定の過程が怪しい」「政治利用」 などなど言われることもあるオリンピックですが、 政治利用と開催地決定の過程の闇はややこしくて私には手におえないので脇…

一年かけて少しずつ掃除して年末大掃除を避けたい

「きれいになって気分がいい!満足!」と感じる掃除の「量」もしくは「質」は、まったくもって人それぞれだと思います。掃除するの大好き!家の中は毎日ピッカピカ!という方の意識を少し分けていただきたい。 私は、日常は低いレベルで満足できる、というか…

【読みました】『となりのイスラム』

イスラム教は世界の三大宗教のひとつ、と学校で教わって以降、911のテロが起きるまでイスラム教の知識は更新されずにおりました。 テロ以降更新された知識は、イスラム教の世界は混沌としていて勢力図は変化しつづけている、ということと、コーランの教え…

気分の良いうちにやってしまうこと ー 『予算生活の家計簿』をつける

新年に、新しい家計簿をつけるのは気分が良いです。今は記帳が苦ではありません。 でも、この気持ちがそんなに長くは続かないことを私は知っています。 そこで、先を見越して(記帳が面倒になってくるのを見越して)気分の良いのうちにいつもやっていること…

ピンポイントな料理本

先月、新米主婦の頃から使っている料理本について書きました。 zipmouse.hatenablog.com 今回書くのは、↑この記事で紹介したものほど古くからあるわけではないけれども、数多の片付けターンをサバイバルし処分されずに残った料理本についてです。 タイトルに…

【読みました】『言葉はこうして生き残った』『「考える人」は本を読む』

『言葉はこうして生き残った』はミシマ社、 『「考える人」は本を読む』は角川新書からの発行です。 著者はどちらも河野道和さん。雑誌「考える人」の編集長をされていましたが休刊になり、その後新潮社を退社されて、今はほぼ日にいらっしゃいます。 どちら…

白欄の活用方法を自分なりに考えてみました ー 『予算生活の家計簿』をつける

だいたいの出費は既存の費目で事足りるのですけれど、特別費の次に、自由に費目を設定できる白欄がありますよね。2つ。 使わなくても全然問題ないと思うのですが、私は、そのうちの一つを「車費」と命名して、ガソリン代、パーキング代、高速道路の使用料、…

古株の料理本

家事全般が得意ではないので、もちろん料理も得意ではありません。 私は「料理が好き」という人を心から尊敬しています。料理でおもてなしできるって素敵だし、うらやましい。 新米主婦の時は料理本とか料理雑誌などをいろいろ買ってレシピを見ながら作って…

初めての予算は一年後にたてる、という方法 ー 『予算生活の家計簿』をつける

「家計の予算をたてる」のは、婦人之友社の家計簿に接しない限り、なかなかやらないのではないかと思うのです。私が寡聞にして他の家計簿を知らないだけかもしれません。 なので、来年から初めて婦人之友社の家計簿をつけようと思っている方が、いきなり「来…

婦人之友社の家計簿いろいろ

少し前に婦人之友社から「2017−2018秋・冬 出版物のご案内」が届きました。 ページめくるとすぐに家計簿特集。『羽仁もと子案家計簿』は 創刊115年目だそうです。世紀以上前から使われている家計簿です。羽仁もと子さん、すごい。 案内から各家計…

2018年度の手帳と家計簿(今日は家計簿について)

先記事と同じ写真です。 1.主婦日記(婦人之友社) 2.ほぼ日手帳weeks(ほぼ日) 3.予算生活の家計簿(婦人之友社) 4.すぐわかる予算生活のガイド(「予算生活の家計簿」の付録) 5,6.「予算生活の家計簿」と「主婦日記」の帯 安定の『予算生活…

2018年度の手帳と家計簿(今日は手帳について)

この時期の文具売り場は楽しくてしょうがないです。 来年使うものはもう揃えてしまったのでもう買わないのですが、手帳がズラーッと並んでいるのを見ていると気分が上がります。 写真は来年使う手帳と家計簿です。 1.主婦日記(婦人之友社) 2.ほぼ日手…