日々bibiビーム VI

作ったり読んだりなにか書きたくなったり。

【雑談】どうでもいい話s

どうでもいい話① 先ほどMacのOSをアップデートしたら、日本語が打てなくなっていて焦りました。よく見たら入力ソースから日本語が消えていたので、「環境設定」の「キーボード」から設定し直しです。 ちなみに私の入力ソースはこんな感じです。Googleさまあ…

小さなノートを当座帳の代わりに使っています ー 『予算生活の家計簿』をつける

少し前に、記帳をしばらくサボったときの現金合わせは記憶力との勝負、というものを書いたのですが、 ↓これです その中で、とりあえず思い出せるだけの現金取引を時系列で全部書きだす、ということを書きました。 記事の中では思い出したものを「紙に書く」…

編集という仕事は思っていたよりクリエイティブ

私は「出版」に関して門外漢です。 かなり長い間、というかつい最近まで、「編集」というのは誤字脱字を直す仕事、くらいに思っていたところがあって、インタビューや対談の編集は「議事録を作る」のと変わらないイメージを持っていました。 それでも「漫画…

「大器晩成」は難しいと思った話。

小学生高学年女子って「占い」が好きなイメージがあるのですがどうでしょう。ちょうど「〇〇くんかっこいいー、きゃー」などと言い出す頃で、昔々のことになりますが、私も私の周りも占いが大好きでした。 で、小学生ではなかったと思うのですが、ハイティー…

現金合わせは記憶力との勝負 ー『予算生活の家計簿』をつける

『予算生活の家計簿』には「現金の収支」というページがあって、そこで計算上の現金と、実際の現金(お財布に入っているお金)が合っているかチェックできるようになっています。「現金合わせ」ですね。 合わなかったら、何かの記入を忘れているということ。…

【読みました】何を読んでもストレスをどうするかって話になるわよね

この本を読みました。 「疲れない身体」をいっきに手に入れる本 藤本 靖|さくら舎 ※出版社のサイトにリンクしています この本を読みながら考えていたのは、 「感覚」を言葉で表すのは難しいのだなあ ということでした。 この本の内容をざっくりいうと、 目…

BGMを活用するようになった話。

私は、ひとりで家にいるとき、ほとんど無音の中で過ごしています。 でも、掃除などするときは、テンポの早い曲を聞きながらだとはかどります。数年前ですが、プリプリ(「プリンセス・プリンセス」です。そういう世代です)が掃除をするときの定番音楽だった…

「特別費」について考える ー『予算生活の家計簿』をつける

「特別費」というのは特別なことに使うのかと思うような費目名ですよね。実際はそんなことはないのですけれど、ただちょっと不思議な使い方をするなあ、というのが私の感想です。 一番「へえ」と思ったのは直系にかかる費用。それまで「直系にかかる費用」と…

【未来の自分に業務連絡】万が一次に同じことが起こったらコレを読んでただちに平常心を取り戻すこと

読書はもともと大好きで、歴代のブログでは、読んだ本のことを読書記録を兼ねて記事にしておりましたが、ここ1、2年は読書らしい読書ができず、ココ(はてブ)では本について書けずにいました。 最近やっと、本を読もう、と思えるようになり、そして実際に…

2010年度 斉藤謠子さんのマンスリーキルト

今でもNHKのテキスト『すてきにハンドメイド』でマンスリーキルト企画をやっているのかな、と今、少し検索してみたら、2016年4月号ではこうの早苗さん、10月号では花岡瞳さんのマンスリーキルト企画があるようなので、半年企画になったのかしら。 最近購入し…

【読みました】『一汁一菜でよいという提案』

土井善晴さんの 『一汁一菜でよいという提案』(出版社のサイトにリンクしています) を読みました。 土井さんを知ったのはTwitterのタイムラインに「洗い米」について流れてきたときです(テレビなどで拝見していた気もするのですが、お名前までは記憶して…

仕掛品をまた一つ完成させました。

大物をまたひとつ片付けました。 キルト界隈で「キルト」といえばベッドカバーサイズを指す気がするのですが、私のはベビーキルトサイズです。これでも私には十分に大物です。 これが2015年1月の状態です。これからキルティングに入るところです。ここから真…

「食費」は必要量の確保を出発点に予算を考える ー 『予算生活の家計簿』をつける

「節約術」というと、いかに食費を抑えるか、というようなことが流行ったことがありませんでしたっけ。 最近の流行りにはとんと疎いのですが、そんな私でも「食育」という言葉をよく聞くので、「食費を抑える」系の節約は数年前ほど言われていないのではない…

クヨクヨするとき、しないとき

失敗したときなど、私はわりとクヨクヨと思い出していたたまれなくなる傾向があるのです。自己嫌悪ってやつですね。ところがここ数年、それほど自己嫌悪しなくなった気がしていたのです。が、今週そのクヨクヨ病が発生して、自分で「おお、久しぶりだな」と…

ミシンカバーが数年越しで完成しました

布で何か作るのが好きなのですが、直近では家計簿と手帳のカバーを作る以外のことをしておりませんでした。まるで気力がなかったのです。 そんなおり、お友達が、作ったものをちょこっと売る機会を持つというので、私もちょこっと作らせてもらって一緒に売っ…

「預貯金及び保険」について考えるのはこれで最後にしたい(希望) ー 『予算生活の家計簿』をつける

「預貯金及び保険」の見開きのページの右上に クレジットカードでの買い物は「預金おろし」と同じ扱いです。このページに記入しましょう とありますが、意味がよくわからないので無視しております。つけ方説明のページが家計簿本体の前の方にありますが、そ…

予算立てフィニッシュ ー 『予算生活の家計簿』をつける

「やる」って言っておくとできるものだなあ。 『予算生活の家計簿』を使い始めて今年で6冊目なのですが(なのでまだまだ迷いが多くて完璧に使いこなしているとは言えません)、それでも何度か予算を立てていると、しっかり考えなくてはいけないところと手を…

まさに予算をたてているところです ー 『予算生活の家計簿』をつける

「少なくとも10日までには立ててしまう」を有言実行しようとしているところですあけましておめでとうございます。こうしてブログを書いておりますがまだ予算たての途中でつまり現実逃避です。 前年実績をベースに予算を考えるのが私の方針なので、まずは前…

ほぼ日手帳&家計簿カバー制作【一気に完成編】

作成途中で一度記事にしようと思っていたのですが、書くより先にカバーが完成してしまいました。年内に完成してよかったよう。 完成した勢いで記事をアップしてしまおうと、今年度の家計簿集計の準備を中断して書いているのが今です。写真多めです。 前回の…

来年度の予算を立てるタイミング ー 『予算生活の家計簿』をつける

「予算は年内に考えて、年明けから予算をガイドに暮らしていく」のが私の理想ですが。 ・・・。 理想ですが。(2回目) そうしようと思ったら今から準備をしないといけないのですが、今年は(今年も)年内に立てるのは無理そうなので、 もし私が年内に予算…

『ムーミン絵本の世界展』に行ってきました

もう終わってしまいましたが、銀座松屋で開催されていた『ムーミン絵本の世界展』に行ってまいりました。 ※入場券に使われていたのはこの絵ですね ※会場前に飾られていた大きなぬいぐるみ。私はぬいぐるみより、後ろに飾ってあるのが欲しすぎる 中に入って、…

過去に書いた記事のログがない。

前のブログで書いた記事のログが残っていたら、少し手を加えてアップしようと探してみたのですけれど、Evernoteに数件の下書きが残っているだけでした。 うむ。そういうことならしようがない。 これから改めて書き重ねて、前のブログ並みに記事を揃えたいと…

ほぼ日手帳 & 家計簿カバー制作【生地選び編】

来年度用のカバーを作るぞー、おー! ※上げていかないと完成しないので この記事は、写真多用のテキスト少なめでお送りします。 □□□ カバーを作る、最初の手順は生地選び。 パッチするのが好きなので、一枚布で作ろうとは微塵も思わない自分。 ↓この中から選…

「預貯金及び保険」ページの使い方を考えてみる ー『予算生活の家計簿』をつける

以前、このページの使い方がよくわからないと書きましたが、避けて通れない話題です。がんばります。 (以前↓) まずは、自分は今こうして使っているよー、というのを晒したいと思います。 □□□ 私が思うに、銀行などの普通預金に預けているお金は、性質が現…

私はスナフキンが好きです

いや、違うんですよ。あ、いや、違わないのですけれど(落ち着け、 その、なんというか、スナフキンが好きな方は多いですけれど、みなさん多分、彼の飄々とした感じに憧れてますよね。ワタクシもですよ。 □□□ 私の中でスナフキンは特別扱いですけれども、ヤ…

来年度もやはり『予算生活の家計簿』(婦人之友社)を使います

この時期の全国の書店には、来年の手帳やカレンダーに混じって、家計簿のコーナーが展開されていますね。私は来年度も『予算生活の家計簿』を使う予定で、というかすでに購入済みです。 手帳は来年度もほぼ日手帳カズン(家用・重い)+B6見開き1ヶ月(鞄用…

早めに大掃除してみる

突然のカミングアウトですが私は家事が苦手です(いや、ちまちまと何度か書いた気もする)。 家事をするよりパソコンに向かっている方が好きです。それでもなんとか必要最小限の家事をしているのは、家族がいるからです。家族元気で留守がいい(家族のために…

2016年、クロスホテル札幌で大人女子会(部屋飲み)

部屋飲みですけれども、こちとらアラフィフ、しっとりと飲みながら三々五々に眠りに落ちる会でございます。というか、もうね、日をまたいで起きているのがツラい。完徹できたのは20代後半までです(遠い目 毎年この時期に帰省したら、地元のお友達と一緒に…

旅行も性質によって費目を変える ー 『予算生活の家計簿』をつける

毎年、子の夏休みに合わせて帰省しているのですが、今年も3週間ほど札幌の実家で過ごしまして、ここ数ヶ月の疲れを癒してまいりました。4月からずーっとくたびれ果てていたので、「元気」という感覚を取り戻せてよかったです。この元気を保ちたい(すでに少…

帰省中です

ワタクシ、生まれも育ちも札幌でございます。 普段は関東地方に住んでおりますが、 ただいま帰省中であり、そして札幌の夏はすでに終わりました。 涼しい。というか湿度が低い。 朝晩寒く、日中に吹く風は気持ちよすぎて至福。 そんな爽やかな日に母が言う。…

家計簿記帳は一ヶ月単位ということと、給与は翌月のものにするということ ー『予算生活の家計簿」をつける

自分の中では当たり前のことになっていたので、言及するのをうっかり忘れていたことがありました。 これからもそういうことがあると思いますが、思い出すたびに書いていくスタイルでいきます。 家計簿は(少なくとも『予算生活の家計簿』では)、毎月1日から…

ディスプレイを壊したのでね。

え? 3分前は議事録を作成していましたよね、私? なにがどうしたの議事録?議事録?(混乱 ■■■■■ 4、5年愛用していたMacBookのディスプレイがお亡くなりになりました。 手を下したのは多分私。身に覚えがないのですが、何かの拍子に何かをぶつけたのでし…

「預貯金及び保険」について考える ー 『予算生活の家計簿』をつける

初めて真剣に予算を組むとき、これからの自分と家族の生き方をどうするか、ということと向き合うことになるかもしれません。大げさかもしれませんが、少なくとも私はそうでした。 私が自分のこれからの生き方を考えたのは、この初めて真剣に予算を組んだ時と…

Google Analyticsを設置したときのスッタモンダ

WordPressでブログを書いていた時、Google Analyticsというものを使ってアクセス解析していました。そのブログはなくなってしまいましたが、 そのときのAnalyticsアカウントは残っていました。 まあ、解析したところで特にどうするわけでもなかったし、今後…

「税金」と「社会保険費」の予算を立てる ー 『予算生活の家計簿』をつける

税金や社会保険料等の金額は収入にリンクしているものが多いので、 我が家の場合、税率や社会保険料の計算式が変わらない限り、ここの予算は前年の実績と同じです。というのも、根拠になる収入の予算が前年の実績なので。 以上。芸がなくてスミマセン。 ちな…

家計簿とほぼ日手帳の手作りカバー

ほぼ日手帳と婦人之友社の家計簿が同じ大きさなので(ほぼ日手帳の方が若干厚みがありますが)、同じサイズでカバーを作りました。写真暗くてすみません。 上がほぼ日手帳で下が予算生活の家計簿です。 (わからんて わかるように別アングルから。 わかる必…

収入の予算をたてる ー『予算生活の家計簿』をつける

各費目の予算を立てるとき、何はともあれまず、一年間でどれだけのお金を使えるのか知っておかないと。限られた収入の中でやり繰りするのが基本です。 ということで、最初に考えるのは収入の予算。 我が家はオットが毎月サラリーをゲットする家庭なので、基…

折りたたみ傘を買った話。

折りたたみ傘が壊れてしまったので、新しいのを購入しました。 壊れてしまったのはずいぶん前に一世を風靡した(かどうか知りませんが)超軽量のもの。持っていることを忘れるほどの軽さでした。 でも小さい上に風に弱く、風のある日にさしても意味がなかっ…

婦人之友社の家計簿の特長と予算の根拠を書いて残しておくと翌年が楽という話

羽仁もと子さん、一世紀以上も前にこの家計簿を創案されたということだけでもその思想のすごさがわかるというものですが、その件を話すと長いので置いておいて、 この家計簿(2016年版の『予算生活の家計簿』)の中表紙をめくったところには この家計簿…

諦めた展覧会とお買い物。

若冲展に見に行こうと、上野まで行ったはよかったのですが、 コレだ。 行列が、写真には写っていませんが、右側にずーっと伸びていました。最近は人混みを避ける生活をしていたので、こんな行列、久しぶりに見たわ。 行列の迫力に負け(並ぶ時間と体力がもっ…

『予算生活の家計簿』(婦人之友社)にたどり着くまでの紆余曲折

結婚を機に私もいよいよ母のように家計簿をつけるようになるわけです(スリコミ が、最初は、母と同じ婦人之友社の家計簿を使うつもりはありませんでした。 ※当時母は『羽仁もと子案家計簿』と『家計当座帳』のセット使い。現在は『高年生活の家計簿』を使っ…

私が家計簿をつけるのはなぜだろう?

自分が家計簿をつける理由を、よーく考えてみました。 結果、 母が家計簿をつけていたのでそれが普通だと思っていた という「母の背中を見て育った」的なものだろうというね。 そういうのって大きいんだな、って思いました。スリコミ。 で、もうひとつ、これ…

私の記帳始めは「小学生のこづかいちょう」

私は、昔から、ほぼほぼ何かにお金の動きを記録していたようです。とはいっても、昔はそれほど真面目にではないです。その自覚はありますですはい。 小学生の頃からおこづかい帳を つけさせられて つけていたのですけれど、一年間つけ通せてたのかなあ。母も…

このブログで書きたいなー、と思っていること

ワタクシのWordPressの消滅とともに消えてしまった内容を再び。 その内容とは主に家計簿のことです地味でごめんなさいね。 (でもそれだけに絞るつもりはないです) 以下、家計簿のことを書きたいなと思っている理由。 私が使っているのは婦人之友社の『予算…

ご挨拶

はじめまして。ムムリク・ミでございます。 違うハンドルネームを使っていたこともあり、 いや、まだどこぞで使っているのですが、 最近はこれがお気に入りです。どうぞよろしくお願いいたします。 ご挨拶ついでに自分の発信歴を(実質自分メモ)。 これを必…