日々bibiビーム VI

作ったり読んだりなにか書きたくなったり。

「特別費」について考える ー『予算生活の家計簿』をつける

「特別費」というのは特別なことに使うのかと思うような費目名ですよね。実際はそんなことはないのですけれど、ただちょっと不思議な使い方をするなあ、というのが私の感想です。

一番「へえ」と思ったのは直系にかかる費用。それまで「直系にかかる費用」というくくりで考えたことがなかったので、不思議なものだな、と思いました。
直系というのは「親・教育費のかからなくなった子・孫」を指すそうです。「先祖のための費用」もココなのですけれど、そうすると存命の祖父母はどうなるのかしら(などと書きましたが「特別費」でしょう) 
 
同じ品物をプレゼントするにも、
兄弟姉妹関係へなら「交際費」で、
親へは「特別費」。
 
「何のためか」を考えて出費を各費目に振り分けますけれど、そのときの費目の選択肢が一つ増える感じです。
 
交通費も、家族旅行なら「娯楽費」だけれども、
帰省では「特別費」。
 
保険も、
掛け捨て保険が「特別費」、
貯蓄性のある保険は「預貯金」、
火災保険みたいな、家にかける保険は「住居・家具費」(でも積立式だったら「預貯金」)。
 
家で使う糊とかハサミとかボールペンなどの文房具は「特別費」。
家計簿も記帳に使う電卓も。
子どもが学校で使うのは「教育費」で、
私は、オットが会社で使う文房具は「職業費」にしています。※会社で使うものは基本的にお小遣いの中で買ってもらっていますが
 
あと、なるべく記入したくないのですけれども不明金は「特別費」。
どうしても家計簿上と実際の現金が合わなかったら、諦めて、潔くここに記入して、翌日からまた新たな気分で記帳すればいい(2週間も記帳を溜めるのはやめましょう to 自分)。
 
クレジットカードなどの年会費も「特別費」。特別な用途で使っているなら該当費目に入れるのだろうと思いますけれど、なんにでも使うカードだったら「特別費」以外にしっくりくるところがないのですよねえ。
 
他の費目のどこにもしっくりくるものがない、というときの駆け込み寺的な役割も果たすのかもしれないですけれど、
直系費用の扱いに道徳的なものを感じますね。親と(独立した)子にかける費用は理屈じゃないという感じ。交際費とは別に考えるというのは面白いなあ(興味深いという意味で)。

【未来の自分に業務連絡】万が一次に同じことが起こったらコレを読んでただちに平常心を取り戻すこと

読書はもともと大好きで、歴代のブログでは、読んだ本のことを読書記録を兼ねて記事にしておりましたが、ここ1、2年は読書らしい読書ができず、ココ(はてブ)では本について書けずにいました。

最近やっと、本を読もう、と思えるようになり、そして実際に読みました。そして久しぶりに本についての記事を書きました。久しぶりだったので、いつになく丁寧に慎重に書きました。そして夜に記事をアップし、記事をアップしたことをツィートして寝ました。

 

その後起こった出来事を途中まで箇条書きいたします。

① 翌朝読み直すと、変なところが多かったので、少し手直しをして再アップ

② 再アップしたことをツィート

③ 布系の記事を書いて午後ブログにアップ

④ アップしたことをツィート

⑤ ちゃんとツィートされているかTwitterを見にいくと「通知」がきている

⑥ 通知なんて普段はあまり来ないので、なんだなんだと見にいく

⑦ 著名な方のアイコンがある

⑧ ん? 今「通知」みてるんじゃなかった? タイムラインだった?

⑨ ・・・・・・・・・・。(事態を理解するのに10秒ほど)

 

 

  あの本の記事を、、著者ご本人からリツイート、、された、、だと、、

 

あの記事をあの記事が著者ご本人にご本人の目に触れてしまったしししまった大丈夫か大丈夫か何か失礼なこと書いてなかったか大丈夫か大丈夫かかかかかか、かかかかか、かかか、か、か(混乱

 

そして、このような通知も同時にきており。

 

◯◯さんと××さんと他4人がいいねしました

□□さんと他3人がリツイートしました

 

私自身のTwitterアカウントをフォローしてくださる方はとても少ないので、通常、一つのツィートにこんなに反応があることはなく、な、なぜだ、何が起こった。

あ。そうか。私のツィートが著者ご本人のフォロワーさんの目に触れているというこt、、

 え、ということは、え、ちょちょちょっと待ってちょっとちょっと待って。

「いいね」ってまさかと思うけれどみなさん当該記事を読みに来てくださっている・・・なんてこと・・・あr

 

シュタっとアナリティクスを見にいったら、リアルタイムで20人前後のアクセスを保っているとか

 

!!!!(意味わからない)

 

人気ブロガーさんにとってこんな数字なんでもない、むしろ無いに等しいのでしょうけれど、

当該記事を書く1週間前に私のツィートした内容がコレですよ。

f:id:zipmouse:20170326230857p:image

※このツィートはいろいろ間違えていて、続けているのは2年ではなく来月で1年、そしてPVではなく、アクセス数です。まあココの場合、PVもアクセス数もあまり変わらないのですが

 

このブログの記事数は、今読んでいただいているコノ記事で37個目です。

記事が増えてくると、アクセス数もじんわりじんわりと上がってくるものですが、記事数が記事数なのでほぼ一年経ってもアクセスが「10を超える日が出てきたよ?」という状況の中でですよ、

 

「リアルタイムで20アクセス」を、1日のアクセスが10を超えるだけで焦るメンタルでは、理解できない。恐怖。

人間、理解できないものに対しては恐怖を感じるのだなということを理解しました。その日のアクセス数は通常の150倍を超えていました。

 

 先に書きましたけれど、その記事は、いつになく丁寧に慎重に書いたものでした。なんというか、いつものテキトーな感じが少なめだったというか、いつもよりおりこうさんだったというか。なので、この記事から受ける私の印象のまま他の記事を読んだら、みなさんをさぞかしがっかりさせるだろうという恐怖もありましてですね、

しかも、本の記事のあとにアップしたのが、本とは全く関係のない下手なアップリケの話で、しかも、丁寧とか慎重さに疲れたあとだったので、読んでくださる方への配慮が少ない記事であり、

f:id:zipmouse:20170327070400p:image

こう呟いたのは、他の記事を読まれるのが恥ずかしい、ということでありました。私の実際以上に「良く」イメージしてくださったのに「なーんだ大したことねえな」ってなるのが怖かった。ええ、ただの自意識過剰です。

いやー、その時はほんとにね、恥ずかしさや怖ろしさをなんとかしたくて追加で何か書き殴りたい衝動に駆られました。でも、落ち着かないままなにか行動したところで傷口を広げるだけですので、我慢しろ今は我慢しろ、と自分に言い聞かせて……、ちょっと呟いちゃったけど。

 

そして今。アクセス数が落ち着いたので、私も、この出来事を書いておこう、と思えるまで落ち着きました。

今は、このことが、とてもありがたいことだったと思っています。当該記事は著者の方から「OK」いただけたと自信を持っていいのかな、って。ありがとうございました。

そしてね、あの下手なアップリケの記事も上げておいてよかったな、って。

f:id:zipmouse:20170328070050p:image

翌日にはこのようにツィートしておりました。あの記事がなかったら、次に書く記事の質ハードルを勝手に上げて、苦しくなるところでした。実際より「良い」イメージを維持するなんて大変だから。ただの見栄っ張りだし、そんなこと続けているとそのうち書くのが嫌になるから。

 

◽︎◽︎◽︎◽︎◽︎

 

ここで終わるつもりでしたが、その後アナリティクスを見てわかったこと。

ツイッターから飛んできてくださる方は、当該記事だけ読む方がほとんど。

もちろん、他の記事も読んでくださった方はいらしたと思うのですが、当該記事のPVは驚きの数字を叩き出しているのに、直帰率が高くて、それ以外の記事のPVは大した変化がなかったのですよ。まあ、PVを増やす努力をしていないというのもあるのですけれども、この事実は、ある記事で与えたイメージを他の記事では壊せないということよね。途中全部すっ飛ばして、達した結論だけを乱暴に言ってしまうと、誰が書いても同じなんだわ。何言っているかわからなくてスミマセン

 

しかしそのような中で、ほんのわずかにですが、私のツイッターをフォローしてくださったり、このブログの読者登録してくださった方がいらっしゃったのです。ありがとうございます。

「いいね」してくださったり、リツイートしてくださったり、シェアしてくださったみなさま、ありがとうございます。

お時間を割いて記事を読んでくださったみなさま、ありがとうございます。

これからも、背伸びしないで、今までのペースでテキトーに記事を書いていきたいと思います。

 

未来の自分よ、万が一同じようなことがまた起きた時に、この記事をよく読んで(特に後半)、だいたいが自意識過剰であることを自覚し、平常心を素早く取り戻しなさいね。

 

2010年度 斉藤謠子さんのマンスリーキルト

今でもNHKのテキスト『すてきにハンドメイド』でマンスリーキルト企画をやっているのかな、と今、少し検索してみたら、2016年4月号ではこうの早苗さん、10月号では花岡瞳さんのマンスリーキルト企画があるようなので、半年企画になったのかしら。

最近購入していないのでとんと疎くなっております。

 

私の挑戦している斉藤謠子さんのマンスリーキルトは1年モノ、2010年4月から2011年3月までの企画です。作り始めたのは約7年前、

まだできあがっておりません。おかしいな。

しかしですね、ただいま仕掛品を軒並み完成させるというウェーブがきており、追い風であり、こうして書いておけばきっとやる。なので、

仕掛品最大の難関、斉藤謠子さんのマンスリーキルトは今年中に完成する。

朗報があります。12月分(9個目のブロック)が先週完成しました。

 

よし、今まで作ってきたブロックを晒します。

 

その前に、2010年度のマンスリーキルトがどういうものだったかというと、アップリケなのです。お花のアップリケ。花瓶にかざってあるお花のアップリケ。刺繍を少し加えて、そのアップリケの土台の周りにちょっとしたパッチワークを配置して1ヶ月分が完成です。 

私、アップリケが苦手なので、練習しようとあえて挑戦いたしました。

あのとき思いとどまっていれば・・・

 

あとね、斉藤謠子さんのあの特徴的な配色に負けないで、自分の配色をしていこうと。お手本があるとき、そのお手本の配色に引っ張られてしまうことが多いのですよね。そこを破壊していく。

なので、斉藤謠子さん的な配色を期待して私のブロックを見ると間違いなくがっかりします。

 

土台布は、無地ではなく模様の入ったものを使うことにしています。無難にまとめないでチャレンジしていく姿勢をみせる(誰に

それから、15年以上前に半年通ったキルト教室の先生が、「一つ一つのブロックの配色がしっかりできていたら、それを適当に並べるだけでもステキな作品になる」とおっしゃっていたので、それを信じて、一つ一つのブロックが独立しているものとして配色を考えるようにしました。

あとは端切れを使うことを心がけました。

 

では参ります。アップリケが下手なのは仕様なので気にしないでください。

続きを読む