日々bibiビーム VI

作ったり読んだりなにか書きたくなったり。

編集という仕事は思っていたよりクリエイティブ

私は「出版」に関して門外漢です。

かなり長い間、というかつい最近まで、「編集」というのは誤字脱字を直す仕事、くらいに思っていたところがあって、インタビューや対談の編集は「議事録を作る」のと変わらないイメージを持っていました。

それでも「漫画家さんや作家さんのところに原稿の催促に行きなんとかギリギリで原稿を受け取ってそのまま印刷所に駆け込む」よりは進歩したイメージなのではないかと思います。原稿の催促に行くのは編集の人じゃなくて別に担当の人がいるのかしら??? そんなことも曖昧なワタクシ。

 

そんな私が、コレを読んだのです。

www.1101.com

一つの対談を、36人(かな?)がそれぞれのやり方で読み物にする、という企画。同じ素材(対談)が36通りに調理されるというモノ。

先にお断りしますが、全員分は読めませんでした。お腹いっぱいになってしまって。ごめんなさい。

 

まず1つ目を読みました。面白かったです。糸井重里さんと田中泰延さんの対談だからもともと面白いだろうし、ぶっちゃけ、誰がどうまとめても同じようなものだろうし、そんなのを36人分ていったいどういうこと、と思いながら、、、、

 

2つ目を読みました。

 

2つ目でもうびっくりしてしまいました。同じ素材(対談)なのに、切り出し方が違う。「対談をまとめる」って、どの発言をピックアップするかってことなんだ、と目からウロコが落ちました。

 

そして3つ目。

3つ目も切り出し方が先の2つと違う。

 

うわー、そうなんだ、と思いました。「対談をまとめる」というのは、編集する人の価値観みたいなものが、意識するしないにかかわらず出てきてしまうなこれは、と思いました。

 

対談に限らないのでしょうね。「編集する」ってそういうことなのでしょうね。

編集、コワイ。

 

それからも幾つか読みました。私が読んだ中では同じものは一つもありませんでした。同じ素材なのに、「ココがポイント」と思う箇所を表現する手法がみんな違うし、そもそも表現したいポイントも微妙に違うし、同じ読み物にならない。 

□□□□□ 

私の中で、

「編集をする」という仕事はオーケストラで「指揮をする」のと同じくらい創造的な仕事なのだ

という認識になりました。

指揮の場合、同じ曲(素材)でも、指揮をする人によって今までにない表現ができたりするようですし(聴き比べなどしたことがないのですがどうもそうらしい)

編集の場合も、同じ対談(素材)でありながら、編集する人によって意味をどのようにも込められる。

共にクリエイティブだな、という。

 

編集が創造的だなんて考えたことがなかったので、衝撃でした。「雑誌の編集」となると、まるまる一冊が自分の分身みたいになるのかもしれない、と思いました。

□□□□□ 

インタビューを受けたり、対談をしたりした人が、それが記事になったものを読んで「自分の意図したことと違うことが書かれている」と感じることがあるようですが、編集する人によってはそういうことも起こるでしょう、と思いました。

編集する人にとって、インタビューを受けている人、対談をしている人たちは、「素材」ですものね。素材を使って編集者自身の考えを表現するのだとしたら、発言者の意図と外れることもあるだろうなあ、と。善意をもって編集するか悪意をもって編集するかで、うんと違うものになるでしょうしね。

話は大きく広がってしまいますけれど、編集者、指揮者、演出家、監督などという各種ディレクターや企業の社長などという、トップにいて人や素材を扱う仕事をしている人は、直接書いたり描いたりプレイしたり営業したりしているわけではないけれども、人や素材の扱い方を通じて自分の中身を表してしまっているのでしょうね。

関係ありませんがplay(プレイ)という単語は便利ですね。 

 

 

「大器晩成」は難しいと思った話。

小学生高学年女子って「占い」が好きなイメージがあるのですがどうでしょう。ちょうど「〇〇くんかっこいいー、きゃー」などと言い出す頃で、昔々のことになりますが、私も私の周りも占いが大好きでした。

 

で、小学生ではなかったと思うのですが、ハイティーンのころだったかなあ、手相か四柱推命か忘れましたけれど(いろいろとアバウト)、

星座占いとは違う占いで、「大器晩成型」です、と出たことがありました。まだ若かったので「『晩』っていつだよ」と思いつつ、大きく成功するのは今日明日のことではなく年をとってからなんだなという認識で、今日まで過ごしてまいりました。あの占いからずいぶん経ちましたがいまだに大器の片鱗は見えてきません。まだ時期ではないということでよいでしょうか。

 

などとつらつら思っていたときに、ふと、

 

待てよ、

 

人って、たいがい「大器晩成」型なのでは?

あの占いはアタリマエのことを言っていただけなのでは?

 

 

だってね、人って、生活していたらいろいろ経験して、学校で学ぶのとは違う勉強をすることになるわけです。したくなくてもしちゃうし、そうやって経験の引き出しを増やして、10年前より確実に賢くなるのですよ。そうすると、何かをしようとするときに、

10年前よりは経験が貯まっているので活かしやすいだろうし、

感情のコントロールも若い頃よりはできるだろうし、

尖りも減って世の中うまくわたっていけそうだし、

年をとったらその分だけ何かを成し遂げる確率があがるのでは?

 

それを若くしてやっちゃう人もいて、それはすごいことだし、ほんとに地頭がいいのだと思います。うらやましい。

 

で、実際問題、自分の20代を振り返ると、とても刹那的であり、何かを成し遂げられたであろう気配はさらさらありません。30代は不安が強くて余裕が全然なく、冷静に振り返ってあの頃の自分はおかしかったですし、今は、もうすぐ50代に手に届きそうなでもまだ40代なわけですが、うーん、そうだなー、中身は10年前より確実に成熟していっているけれども、まだ途上な感じ。10年後に今を振り返ると「何が成熟だよ、まだまだだよ」って自分にツッコむのが見えるレベル。

若くして頭角をあらわすタイプでは、明らかに、ない。

 

えー、

 

晩成の「晩」っていつですか? 30年前と変わらない疑問 。まだまだ修行中です。

 

 

「『晩』がいつなのか」問題はありますが、たいていの人がそのうち「晩成」するとして、しかし、「大器」かどうかというのは別問題だ、と今気づきました。

私はどこで「自分は『大器』である」という希望を捨てたらよいのでしょうか。まだ夢をみていてもよいでしょうか。

 

Google先生に「大器晩成」を聞いてみました。 

たいきばんせい
大器晩成
 
  1. 本当の大人物は、若いころは目立たず、徐々に実力を養っていって後に大成するということ。
     

「本当の大人物」・・・・。

 

goo辞書先生はこうおっしゃっています。

たいき-ばんせい【大器晩成】の意味

新明解四字熟語辞典

    • 大きな器は完成するまでに時間がかかることから、真に偉大な人物も大成するのが遅いということ。大人物は遅れて頭角を現すということ。才能がありながら不遇である人に対する慰めの言葉としても用いる。▽「大器」は偉大な器量をもつ人。「晩成」は多くの時間を費やして成就すること。

 

大人物じゃないと駄目なようです。

 

わかりました。自分が大人物であるとはまったく思わないので「大器」は諦めます。小さいことを成し遂げられたらいいです。小器でいいです。「家族が健康に過ごす」とかでいいです。

そうだなあ、「大器晩成」型と言われたときに、はっと気づいて何かを始めて、コツコツ続けていたらちょっと違う人生を歩んでいたかもしれないですね(まあ、そこで気づく才覚があったら、早めに才能を開花させている気がするけれど)。

今に不満があるわけではないですけれど、パラレルワールドで生きている自分も覗いてみたいわ。

パラレルワールドって小説になるよなあと思ったら、今、Chrestomanciシリーズを読んでいました。

現金合わせは記憶力との勝負 ー『予算生活の家計簿』をつける

『予算生活の家計簿』には「現金の収支」というページがあって、そこで計算上の現金と、実際の現金(お財布に入っているお金)が合っているかチェックできるようになっています。「現金合わせ」ですね。

合わなかったら、何かの記入を忘れているということ。レシートがあればたいてい合うのですが、レシートがなくて合わないときは、記憶力との勝負です。(たまに負ける

 

毎日記帳をしていれば現金合わせでつまずくことは滅多にないと思いますが、白状すると、私、わりと記帳を溜めます。この頃は溜めても2、3日ですが、最長で2週とかありました。それだけ溜めても現金合わせがビシッと決まった時は爽快です。※オススメしません

 

2週間分の記帳をわざと溜めることはおすすめしませんが、どうしても溜まってしまうことってありますよね。ええ、あるのです。

 

そんなとき、私はまず、お財布の中にたまったレシートを時系列に並べて、金額と用途を紙に書きます。日付ごとに書きます。レシートのない取引もがんばって思い出します。このとき書くのは、現金を使った支払いだけです。クレジット分の記帳は後回しにしても大丈夫です。逃げません。逃げていくのは現金です。

全部書きだしたと思えたら、溜める前の現金残高から、溜めてしまった分(今書き出した分)を引きます。もし現金で収入があったらその分は足します。

そして、お財布に入っている現金と、計算した金額があっていたら、現金合わせは終了。ガッツポーズします(しなくてもいいです)。そのあとは落ち着いて、日付ごとに「現金の収支」のページに記入するのと同時に、それぞれの費目欄にも記入します。余裕があれば、クレジットで買い物した分も費目欄に書きますけれど、たいていは余裕がないので、翌日以降に回します。

 

残念ながら、お財布に入っている現金と計算した金額が合わなかった場合。

まず、レシートが本当に現金の支払いのものなのかをみます。そして、クレジット支払だと思っていたものの中に現金支払い分が混ざっていないか確認します。

それを修正するだけで解決することもあります。

 

まだ合わないとき。

支払金額だと思って紙に記入した金額がじつはお釣りの金額だった、ということもあるのでチェック

そんなこともあるのです。商品の合計金額とお釣りの金額が同じ大きさのときがあるので、ええ、間違えることがあるのです。

 

まだ合わないとき。

紙に日付ごとに書き出したものを見ながら、記帳をサボった間、自分は何をしていたか思い出します。すでに書かれている用途からその日のことを思い出すこともありますし、手帳をみたりスマホで撮った写真をみたりして思い出すこともあります。外出した日が一番怪しいです。レシートのない取引はなかったか。割り勘で食事代を払ったり、借りたお金を返したり、貸したお金を返してもらったり、自販機でお茶を買ったりしなかったか。あそこの駐車場代は無料だったか。記憶力との真剣勝負です。

 

それでもだめだ全く思い出せなくてどうにも現金があわない、そんなとき。

 

現金を合わせるのは諦めます。負けです。合わない分を「不明金」として特別費に記入します。「現金の収支」の欄にもその分を記入して、計算上の現金とお財布の現金を合わせます。

 

そして、もう記帳を溜めるのは懲り懲りだと反省しながら一旦リセット、

翌日から新たな気持で現金を合わせていきます。

 

負けると悔しいので、負けないために、もらえるレシートは極力もらい、レシートがないときは、発生したときに何かにメモするように心がけています。スマホのメモ機能を活用することが多いです。

「このくらい覚えていられる」っていうのが最近ほんと覚えていられないのだと思います。角を一つ曲がったらもう忘れていますからね。