日々bibiビーム VI

作ったり読んだりなにか書きたくなったり。

2019年の予算を立てました ー 『予算生活の家計簿』をつける

なんとか今年の予算を立てました。が、ザルです。集中力がなくて精緻なものが立てられませんでした(精緻なものなんて立てたことないけれど)。

前年の予算と実績を見比べて、「予算どおりだわ、一年前の私、いい仕事したわ」という費目は今年も昨年と同じ予算にしました。調味料費とか光熱費とかドンピシャよ。

考えていくうちによくわからなくなってきた費目は、前年実績をそのまま予算にしました(ほんとザル)。それでも予算がないよりはいい(よね)。ザルでも縛りがあると規律正しく暮らしていける気がするのですよ。

そんなザル予算ですが、それでも少しは自分の意思を反映させました。例えば衣服費と教養費。自分の服や靴や鞄はもうそんなに要らないので、その分を本や展覧会などに回すことにしました。あとは教育にかかっていたお金を思い出作りに少し回すことにしました。

 

先の記事※1に書いたのですが、昨年は月次の締めをまったくやっていなくて、年単位で締めるハメになりました。その経験から、もしこれから「前年の締めをまとめてやる」という方がいらしたら、

支払累計とか差引とか剰余累計などはガン無視して、月々の費目ごとの支払合計だけ出せばあとはどうとでもなる。

というアドバイスをお贈りしたいと思います(私が書くまでもなくみなさんお気づきかと)。

月々の費目計を出すのは電卓を使うのが早いと思います。そろばんを使えるならそろばんのほうが早いのかな(母はそろばん派。私は電卓派)。

月々の費目計を出したら、あとは表計算ソフト(Excelなど)に打ち込んで、年計は自動で(式は自分で設定しないといけませんが)計算してもらいましょう。それをちょっといじれば費目ごとの月平均なんかもすぐに計算できますから。そしたら予算との比較も簡単ですから。この時期に前年実績を一ヶ月単位で予算と比較するのはナンセンスです。そういうのは今年分からリアルタイムでやっていきましょう(自分に言い聞かせている)。『予算生活の家計簿』に巻末に折り畳まさっている※2「収支年計表」ですが、それに書き込むぐらいなら、その時間で表計算ソフトをちょっと勉強してそれで収支年計表もどきを作ったほうが楽です、圧倒的に。(※2北海道弁

というか、真面目に月次決算していたとしても私は巻末の「収支年計表」は使わなくなりました。書き込むのが手間なので。使うなら、巻末から切り取って使うほうが使いやすいかも。

 

それはそうと、パソコンでも紙でもいいのですが、12ヶ月分の費目ごとの支出を一覧表にすると、費目ごとの月々の支払がひと目でわかります。そこで支出の凸凹を見ていきます。一つの費目に注目して「支出金額は毎月だいたい同じなのに異様に支出の多い月がある」のなら、家計簿でその該当するページを開いてその原因を探ります。掛け捨て保険の一年分の支払かもしれないし、スマホ代を二重で計上しているというミスをしているかもしれません(二重計上は私の場合実際に何度かあります)。同様に、異様に支出の低い月にも注目します。毎月の支払いの記帳漏れが発覚することがあります。

そんなのは月々の費目計を出しているときに気づくだろう、と思われるかもしれませんが、サボったツケ回収のために一年分を短時間で計算しているときはなんというか「電卓たたくマン」になっていて、摘要まで見ていないのですよね。数字しか見ていなくて、数字の意味も考えていないのですよ。

原因を探るのはひと手間ですけれど、ここで金額の大きい支出が把握できます。そしてそれが毎年発生する支払いであるなら、来年度の予算に忘れずにその支出を入れることができるというメリットがあります。

締めでしたのはほぼそれだけでした(先の記事※3で書いた「高額の支出を別ノートに書き出す」というのもしました)。締めるのは来年度に向けての準備ととらえています。つまり締めないと先に進めないので、時間がなくても必要最小限の締め作業をしている感じです。我が家の場合、前年の11月、12月の各費目計が翌1月の時点で固まっていないので、前々年の11月、12月の数字を引っ張り出してくることもあります。12ヶ月の平均を出すときに「2017年11月〜2018年10月」で計算する、ということをしたりします(今年はそこまでしませんでしたけれど)。

※1,3 先の記事 ↓ 

 

細かいことを考えながら予算を立てるのが面倒なときに、昔私が使った技をひとつご紹介。前年実績があることが前提ですが、前年実績の平均をそのまま予算にする(今年の私)よりは手間がかかっています。とはいえ雑であることに変わりはないのでごめんなさい。

ひとつの費目につき、前年の月々の実績が12個の数字で出ますよね。

①その中の一番大きな数字と一番小さな数字を除いた10個の数字の平均を出す。

②そこに今年買おうと思っている大物の予算金額を12で割って足す。

③それを今年の1ヶ月の予算にする

です。大きな数字と小さな数字を除いて平均を出すって、統計で平均を出すときと同じ方法?(しらんけど)

 

冴えた頭と時間があったら予算をじっくりと考えるに越したことはないですが、まあつまり、冴えた頭がなくっても前年実績があればなんとなく予算は立てられますってことと、だから、まずは乱暴でもいいから予算を立ててみてはどうですか、ということを言いたかっただけです。それさえ無理なら、無理に立てることはなくって、割り切っちゃって実績だけ淡々と積み重ねていくだけでもいいのではないかなあ。来年への準備としてね。

 

□□□□ 

予算を立てるって、自分はどう暮らしていきたいのか、どういう暮らしをしたいのかをじっくり考えるいい機会なのですけれどね。今年はいいや。来年にしよう(先送り)。

私はですね、今年は毎月ちゃんと締めるのが目標。記帳を溜めないのも目標。目標と言うよりフツウのコトを書いただけですね。フツウのことを淡々とやるのが目標ということですね。家計簿に限らず生活全般でね。

【読みました】『数式なしでわかる物理学入門』からの雑談

英語と物理にコンプレックスを持っておりましてですね、ええ。

英語は酒井邦秀先生の『快読100万語!ペーパーバックへの道』を読んで多読に目覚め、数年間英語ばかり読んでいたおかげで今はそれほどでもなくなりましたが、物理にはコンプレックスから来る憧れがいまだにあります。

ということで、物理に憧れる文系アラフィフ(私)は「文系でもわかる」系の物理の本に心惹かれるわけです。とはいえ、私にセンスが無いのだと思うのですけれど、物理現象を言葉で説明されてもわからないものはわからない。たとえば「その公転周期の2乗が、この公転軌道の作る楕円の長半径の3乗に比例する」の意味。「は?」ですよ。イメージがわかない。2乗と3乗が比例すると何なん?なんかすごいの?

理数系の人は、言葉より数式で示されたほうが本質がわかるんだろうなあ、と思ったりしています。うらやましいぞ。

 

で、こちらの本。

数式なしでわかる物理学入門(出版社のサイトにリンクしています)

数式を使わずに物理現象について教えてくれます。タイトルにありますが、入門です。上の「その公転周期の2乗が〜」はこの本に書いてあったことです。このように言葉で説明されてもチンプンカンプンなことはありますけれど「この現象を数式で表すとこうです、ジャン」で説明が終わるよりも、うんと物理に親しめると思います。

物理はロマンだ。もっとわかるようになりたいなあ。理数系の人にはアタリマエのことだとしても、今の私には新鮮なことがたくさん書いてありました。以下、私が本書を読んで、ロマンだねえ面白いねえ、と思ったことを書き連ねます。

 

まずね、月が落ちてこない理由。横滑りしているからなんですって。ねー、すごいねえー。地球の重力のせいで人は空を飛べないのに、月はなぜ浮かんでいられるのかってことですよ。すごくない?

しかも、紐でくくってぐるぐる回しているわけでもないのに地球のまわりを律儀にまわっているのよ。紐の先に何かくくりつけて、反対の端を手に持ってぐるぐる回しても、くくりつけられた何かは飛んでいかないし、バケツに水を入れてぐるぐる回したら、遠心力で水は落ちてこないのもわかるけれど、月には何もくくりつけられていないのに、なんで遠心力で飛んでいかないのか、そして地球に向かって落ちてこないのか不思議だよねえ。そのしくみが書いてあってですね、よくわからなかったけれどすごいと思いました(理解&語彙力不足。以下すべてそうです)。

 

あとね、病気になると熱を出すでしょ、どうして熱がでるかっていうと、体温を上げて病原菌と戦うためでしょ、そういう身体のしくみはイメージできるのですが、物理的にどうやって熱を発するのか、その熱はどうやって発せられるのかまで考えたことはありませんでした。なんかね、分子レベルの話で熱運動エネルギーが増加するからなんですって。ってこれだけ書いても意味不明ですけれど、読んだときに「へえー」って思ったのですよ。

水銀温度計で気温を測れるしくみも分子レベルのエネルギーの話だし、お湯が冷めていくのもそう。そして熱を失ったものを放っておいても勝手に温度が上がることはないわけで、その理屈で宇宙の進化まで語れるのですよ。すごくない?

 

エネルギーつながりで話を続けると、温度を持つものは絶えず外部に向かってエネルギーを電磁波として放射しているそうで。人間も体温に応じた電磁放射をしているんですって。すなわち赤外線を出している。

あーーーーーーーー。そうか、だから赤外線カメラか。

ここからは私の勝手な推測ですが、「オーラが見える」という人は可視域が広いのではないかと。普通の人は赤外線、紫外線は見えないけれど、「オーラ」が見える人は、普通の人には見えない人体から発せられる電磁波を見ることができるのだろうな、と思いました。そういう人がいても不思議じゃないよね。

 

この本ではいろいろな物理現象をとりあげていますが、電場と磁場に話が及ぶといやーな気分になってきました。隣で本を読んでいるオット(文系)に「電場と磁場、習ったの覚えてる?」と聞くと

 

オット:ああ、なんか指3本の。・・・フレミング・・・の法則?

わたし:うわああああああーなんかそんなのあったね、なんか覚えたね。

    覚えたけど何も覚えてないね。

 

の、電場と磁場。闇に飲まれる気分がして不快だ・・・なぜだ・・・。

 

オーロラはこの電場とか磁場に関係するんですってね。しかし地球磁気圏と太陽風のことはよくわからなかったです。太陽風について読みながら、自然現象でいうと雷もよくわからないんだよなあ、と考えていたら、次でみっちり説明されていました。中和するときに発せられるのが雷光。えーっと、カミナリ雲と地面の間に強い電位差が発生し、それを解消しようとする結果が雷光。

 

するとここで国語力を試される記述がでてきたので、本を開いたまま居眠りを始めたオット(文系)に無理やり話しかけました。

わたし:(正イオンと電子の電気力の話)

    「相互の距離の2乗に逆比例する」て聞いてすぐ意味わかる?

オット:逆比例ってなんや。反比例ちゃうんか。逆比例がわからんからわからん。

わたし:逆比例と反比例・・・・・(教えてグーグル先生)

    同じだわ。で?2乗だよ?逆比例だよ?

オット:3なら9や。

わたし:わかるわ。4なら16で・・あ、数がどんどん大きくなると、

オット:小さくなる。逆比例や。

わたし:あー、逆比例ってそうだね。

    距離が離れるにつれて力が小さくなるってことだ。

   (その小さくなり方がエゲツないってことだ)

    わかったわー。ありがとー。

 

考えたらわかった、ということが、ちょっと自信になった(今書きながら、なんでこれがすぐにわからなかったのだ、という気分になっているのですが)

と思いながら続きを読むと直後に「両者が近ければそれだけ電気力は強くなり互いに引き合う」と書いてありました。

 

わたし:書いてあったわ。

オット:アホウ。

 

つまり(つまり?)、互いに引き合った空気中の正負の電気がぶつかり中和してそのときに光を発して雷光になる、らしい(詳しくは本書をお読みください)。

あと、大地震の前に放電現象があるのもここらへんのことで説明できるみたい。

 

本書には書かれていないことですが、雷がなると豊作、という話をどこぞで読んだような。それもこういう放電的なことが関係していませんでしたっけ。調べてないけど。

 

そしてさらに読み進めるとでてきたのが、電磁誘導。電磁誘導という単語には闇しか感じないけれど、アンテナから電波出す仕組みがこれかー、となりました。そこから光の話になって、可視光の話に進むのですが、昼間の月が白く見える理由はココにあるのね、なるほどねえ。

 

ああ、そうか、本書はそういう身近なことをさらっと取り上げてくれるから飽きずに読み進められたのかもしれません。専門的な話が続いたときにたまに身近をチャッと出すところがいいのよ、甘すぎなくて。

 

そして、話は素粒子へ。素粒子という小さい小さい話は宇宙という大きい大きい話につながる、というのを以前に大栗先生の『重力とはなにか』で教えてもらって、自分の理解の範囲を大幅に超えたものに圧倒された私、読了時は

すごすぎてよくわからないけれどもなんかすごい

とひらがなでしか思考できなくなっていました。ビックバンはわかるけれど(いやわからないけれど)、宇宙の外はどうなっているのだと考え出すとわけがわからなくなるしね。

それはそうと、クォークレプトンとそこに反物質があるという話は今読んでもやっぱりよくわかりませんでした。へへ。

□□□□

刊行順でいうと 『数式なしでわかる物理学入門』(2011年) ← 本書

       『重力とはなにか』(2012年) ← 大栗先生

       『強い力と弱い力』(2013年) ← 大栗先生

となり、3冊ともヒッグス粒子発見前後の刊行なのですよね。『重力とはなにか』を読んで「うわー、すっごいな物理、オラわくわくすっぞ」と思い、その勢いで『強い力と弱い力』を読み始めたら『重力〜』より難しくて挫折したのですが、『数式なしにわかる物理学入門』を読み終えた今なら再挑戦できる気がする。『重力とはなにか』をもう一回読んで助走つけて『強い力と弱い力』を読もっと。今度は読めるかな。

 

2019年の家計簿購入【やっと】

相も変わらず『予算生活の家計簿』を購入です。ドラマはありません。安定です。

予算生活の家計簿 2019年版

書店では予算生活のカバー付きがなかったのでノーマルのを買いましたが、あったらカバー付きを買っていたかも。お値段はノーマルのと変わりません。

予算生活の家計簿 2019年版 デザインカバー付き

まあ、来年度も手作りカバーを使用すればいいですね。新しく作る時間がなさそうなので今のをそのまま。

⇣これ(気に入っている)。

f:id:zipmouse:20181218204926j:plain

 

それはそうと12月も半ばですし、そろそろ今年のまとめと来年の予算を考える時期ですが。

が。

なんと。

今年、私、まったく月次の締めをやっていないことが判明。

今年は秋まで気ぜわしくて落ち着かなくて、夏あたりはまったくやっていない記憶は確かにあるのですが、1月から締めてなかったってどういうことなんだろう。そこらへんをまるで覚えていません。今年、家計に関する記事をほとんど書かなかったのもこういうことが影響しているのでしょう。

反省しつつ、過ぎたことは仕方がない。記帳だけでも続けたのはエラい。まあその記帳も一時エライことになっていましたけれどね。3週間分まとめてつけたりね。そのわりに不明金が少なかったのは上出来上出来。

 

前に記事にした『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』 で若林先生がおっしゃっていましたよ。

物事を継続するときに大切な考え方がありまして。一度中断したからといって、そこで全部やめてしまう必要はないのです。三日坊主を中1日あけて続けたら、ずっと続けているのと同じことです。もし、1週間あいてしまったとしても1週間と1日目で再開したら、続けていることと同じです。半月あいたとしても、半月と1日目で再開すれば・・・・・・続いているのです。再開できるというのは素晴らしいことなんですよ、諦めないってことだから。(中略)だから中断することを怖がったり、自分をダメだと思うことはやめましょう。

ということで、私は今でもドイツ語の勉強を続けております。数ヶ月間一度も読んでいないけれども数ヶ月と1日目で再開する予定だからええねん違うドイツ語の話やない。

 

ということで、一年ぐらい月次をさぼったって、1年と1ヶ月目で再開すればいいだけですから。とはいえサボった分、今から全力で今年の総括します。総括って言ってみたかっただけです。それなりに時間はかかりそうですが表計算ソフトを駆使しますよ師走ですよ。予算だって一年ぐらい立てなくても大丈夫だということで。いや、立てるけど。立てるの諦めてないけど。

 

それはそうと、月次を締めていなかったというとは月々に反省して軌道修正をする機会がなかったということなので、これから事実に向き合うのがこわいです。不必要な衝動買いはしていないと思うのですが、予算がカセになって買わずにいた、前々から欲しいと思っていたものをここぞとばかりに購入した可能性はある。うむ。

 

まあ、そういう出来事も、反省しつつ寛容に受け入れて今年をまとめたいと思うのですけれど、数字の合計を出すだけではなく、後々のことを考えてやっていることがひとつありまして。

それは、金額の大きい出費を抜き出して書いておくことです。その年の家計簿に書くのではなく、それ用の別のノートに書いています。毎年書き出していくと、数年毎に更新する金額の大きいものとか、このエアコンはいつ買ったんだっけ、というのが、過去の家計簿をひっぱりだしてくることなくすぐに調べることができます。

書き出す目安の「金額の大きさ」は人それぞれだと思いますし、対象物にもよるのですが、私は1万円を超えたら書きだすかな。個々の金額だけではなく、出来事の総額などでも書いたりします。例えば北海道に帰省したときの総費用を書くともれなく凹みます。いや、別に自分を凹ますつもりではないのですが、そういうのも客観的に書いておくといいかなと。進学時の総費用などもいいかも。書いておくといつか笑えると思う。いつだろう。

金額はあくまで目安なので、金額に関係なく「これはあとから知りたくなりそう」というのも書いておいたりします。例えばミシンの修理とか。金額じゃなくて「修理した」ことを残しておきたい。数年後に「このミシン、前に修理に出したのいつだっけ」というときにノートをパラパラめくると「「あー、もう5年前!」となる(はず)。

目安金額を超えていても、毎年定期のものは書かないですね。単発で目安を超えたものだけ書いているかも。

この書き出しを毎年同じノートに書いていくと、簡単な「我が家の歴史」になるの面白いですよ。

□□□□

ここまで書いておいてなんですが、昨年の分は書き出してない気がする。1月から月次を締めてないってことは昨年の書き出しは絶対にしてないわ。周回遅れで今からでも昨年の分を書き出そうかしらん。