日々bibiビーム VI

作ったり読んだりなにか書きたくなったり。

古株の料理本

家事全般が得意ではないので、もちろん料理も得意ではありません。

私は「料理が好き」という人を心から尊敬しています。料理でおもてなしできるって素敵だし、うらやましい。

新米主婦の時は料理本とか料理雑誌などをいろいろ買ってレシピを見ながら作っていました。けっこうな時間をかけていました(それが「料理=面倒くさい」になって、料理が好きになれない一因だったかも。まあ今も好きではないので他にも原因があるはずですが)。

ある時期に料理本を整理して、それ以降レシピ本はほとんど買わなくなりました。料理が得意ではない、といいつつも、必要に迫られて作っているうちに(自分が作らないといつまでたってもご飯が出てこないのでしかたなしに作っているうちに)、冷蔵庫にあるものでテキトーに作るコツが掴めてきたからでしょう。食事の支度をテキトーに整えられるようになるまでに、うーん、15年くらいかかった気がする(どんだけ)。

料理本は一度では整理しきれなかったし、今でもたまーに買ったり、雑誌からレシピを切り抜いたりするので、ときどき整理をするのですが、その都度サバイバルする本というのがありまして、「あれが作りたい」というときにはお世話になっています。それらの本を著者、出版社の皆様に感謝する意味を込めてご紹介します。

 

『あ、おいしい。』『わ、かんたん。』

出版社HPには『わ、かんたん。』のページしかありませんでした。オレンジページさん、2冊でひとつ、みたいな本なので、『あ、おいしい。』のページを復活させて下さーい。もし在庫がないなら増刷してくださーい(部外者が勝手なことを言う)。

どちらも川津幸子さんのご本です。とはいっても、川津さんのオリジナルレシピは少なく、交友のあるプロの料理家に教わった(そして川津さんがふだん自宅でよく作っている)レシピがたくさん混じっていて、著者いわく「これぞと思うものを集めた、いわば『いいとこどり』」の本。ちなみにここでいうプロの料理家は井上絵美さん、澤雅子さん、山本麗子さん、渡辺あきこさん。

この2冊で紹介されている料理は、タイトルどおり簡単でおいしいです(多少時間のかかるものも紹介されていますが、そういうのは作っていません、すみません)。切り干し大根やひじきを使うようになったのはこの本のおかげです。「ポキ丼」は何度も作りました。なすの田舎煮も何度も何度も作りました。「普通の料理」の本です。日常使いができる本です。料理に自信のない人におすすめです。

どちらか一冊持つのでも十分ですが、この2冊、索引が共通なのです。『あ、おいしい。』しか持っていなくても、その索引の中に『わ、かんたん。』に載っている料理名が出ているという仕様ですので、2冊揃えたくなると思います。

そしてこの2冊は、レシピだけではなく、レシピごとに、なぜこれを紹介したのか、とか、その料理への思い入れなどがエッセイ風に読めるようになっています。そのような手法の料理本を手にするのは私はこれが初めてでした。とても新鮮で、読むのが楽しかったです。初版が1998年で、私の持っているのは第一刷、つまりそうか、新婚当初、料理をほとんどできなかった私が、どれだけお世話になったかってことですよ。ほんとうにありがとうございます。今も愛用しております。

ちなみに私は『あ、おいしい。』のほうをより愛用しています。だからリンク貼りたいのに、オレンジページさーん! 

 

『料理上手は味つけ上手』

本谷滋子さんのご本です。私はこの本で煮物に自信がつきました。載っているレシピそのものはほとんど活用していませんが(スミマセン)、味付けの考え方がわかったのはとても大きかったです。

世に紹介されているレシピでは、調味料の量が、大さじ何杯、小さじ何杯などと書かれていますよね。私はそこから応用が効かず、言われたとおりの材料を用意しないと美味しく作れないと思っていました。頭が固い固い。

それが、この本で、材料の重さに対する塩分の割合(料理によって変わる)がわかって、しかも塩分をお醤油でもお塩でも計算できるようになりました。それだけで料理のストレスが軽減。煮物におけるお砂糖とみりんの割合もわかって(もちろん塩分量もわかって)、寄せ集めの材料でも重ささえ計れば、煮物の味付けも安定。

慣れるまでは材料の重量から調味料の必要量を出すのに時間がかかりましたが(電卓を使っていたこともある)、こういうのは慣れですね。今はちゃちゃっと計算できるようになりました。

料理の得意な人は、わざわざ計らなくても上手に味付けできるのだと思いますが、私は計ります。まだまだ勘だけでは上手に作れないので。

 

『はやね はやおき 四回食』

まったく個人的な理由で大事にしている本です。

この本は、私の母が私の子供の頃から使っていて(そして今も愛用している)、つまり、私が実家で食べていた料理がこの本に載っていて、そして、母が同じ本を私にプレゼントしてくれたので、自分で同じものが作れるというアレです。

母がよく作ってくれていたのはこれかー、という発見がたくさんありました。母も料理が得意ではないので、本を見ながら作っていたのですね。おふくろの味まさにここにあり、です。おふくろの味の継承ってそういうことではない気もしますが、まあ、いいでしょう。

レシピだけではなく幼児に必要な食事はどいうものか、ということが書かれていてとてもためになる本です。しかし目次はあっても索引がないので、レシピ本としての使い勝手はイマイチです。でもそれを差し引いても良い本だと思います。知識のページとレシピのページが半分ずつの構成です。読むところが多いです。

我が家に今は幼児はいませんが、レシピは今でも使っています。愛用している方だと思いますが、母には負けます。この本は今でも本屋さんで手に取れるはずです。

あ、

ここまで書いてきてなんですが、もしかしたら料理本の分類じゃないのかも。レシピの部分はおまけで、メインは知識の部分なのかも。

うーん、

ま、いいか。

 □□□□□

以上が我が家で古株の料理本です。古株じゃないけれどもサバイバルしてきた料理本もあるので、それはまたいつか。

初めての予算は一年後にたてる、という方法 ー 『予算生活の家計簿』をつける

「家計の予算をたてる」のは、婦人之友社の家計簿に接しない限り、なかなかやらないのではないかと思うのです。私が寡聞にして他の家計簿を知らないだけかもしれません。

なので、来年から初めて婦人之友社の家計簿をつけようと思っている方が、いきなり「来年度の予算をたてる」のは難しいのではないかと思うのです。

 

「家事家計講習会」はそういう方のために開催されているのかしら。私は講習会の準備をしている母親を横目で見ていただけで実際に参加したことはなく具体的には何も言えないのですが、時間とやる気のある方は参加されたら良いのかな。

 

でもそういう場に参加する機会がなかったらどうしましょう。

私は、一年目は無理に予算を立てなくてもいいのではないかと思っていて、実際に最初の一年は実績だけを書き込んでいました。

は?実績を書き込むだけ?と思うかもしれませんけれども、家計簿をつける習慣がないときは、書き込むだけでもたいへんな労力なのですよ(記帳を数年続けていても面倒に思う私ですからね)。

予算生活のガイドなどに予算の立て方は書いてあるし、婦人之友社の雑誌には家計簿特集もあるし、最初から立てられるようになっているはずなのですけれど、家計簿をつけてよりよい暮らしをしよう、という希望に満ちた状態でたてた理想の予算が現実にそぐわない確率はかなり高いと思ったし、そうすると実績が予算からどんどん乖離していくに違いないし、当時はわりと完璧主義者だったのでその状態がすぐに嫌になりモチベーションが保てなくて途中で挫折するのが目に見えたのですよ(計画がうまく行ったためしがなかなかないのです。闇は深い)。

 

挫折して家計簿をキライになりたくなかったので(これは家計簿に対する本気のあらわれです)、一年間はただただありのままを記帳して、費目別に我が家の消費の傾向をつかむことに専念し、2年目から、その実績をもとに予算を立てました。慎重ですねえ。

毎月一定の支払い、一年に一度の支払い、その月特有の支出、税金や社会保険等で天引きされる金額がわかるだけでも、手がかりが何もないよりは予算が立てやすいと思いますし、そもそも、一年間コツコツと記帳を続けていたら、我が家の一年間の収入&消費データ(費目別・アナログだけど)が手元に集まるのです。ないのに比べたら圧倒的アドバンテージ。

(予算を立てる時期によって、一年分のデータが集まりきっていないこともありますけれど)

 

各家庭の、生活の仕方や大事にしている事柄は千差万別でしょうから、予算も家庭の事情により様々なものになると思うのです。理想の予算はどこかに存在すると思いますが、それを自分の家庭にそのままあてはめることはないのではないかなー

 

私のように予算を立てるのを一年遅らせるか、それとも、

すぐさま理想の予算をたててそのとおりに生活するのが手っ取り早いし、守れなくてもそれほど気にならないし、無理な予算だったとしたら、実績をもとに次年度の予算をブラッシュアップするだけ、初年度からとっとと予算をたてちゃおう、

と思うかは、人それぞれかな。

予算を立てるのに自信がなかったり、自信をなくすのがいやで慎重になっていたら、予算を立てるのを一年遅らせる方法もありますよ、というご提案でした。

 

↓おお、こんな記事を書いていました。ご参考まで。

zipmouse.hatenablog.com

 

婦人之友社の家計簿いろいろ

少し前に婦人之友社から「2017−2018秋・冬 出版物のご案内」が届きました。 ページめくるとすぐに家計簿特集。『羽仁もと子案家計簿』は 創刊115年目だそうです。世紀以上前から使われている家計簿です。羽仁もと子さん、すごい。

案内から各家計簿の特徴を抜き出してみます。 

 

羽仁もと子案家計簿』
羽仁もと子が日本で初めて創刊した家計簿。

世代を超えて使われてきました。

今日の家計がすぐわかり、記帳の継続で来年の予算が立ちます。

使いやすい家計簿は、長続きする家計簿です。

 最後の一行はそのとおりだと思います。

 

お金の出し入れを「住居・家具費」「光熱費」「食費」「衣服費」「教育費」「娯楽費」など12の項目に分けることで生活の無駄やもっとかけるべきところがはっきりします。それが、羽仁もと子案、婦人之友社の家計簿です。

予算をたてずに、ただ記帳するだけでもどこにどれだけお金をかけているかわかるので、生活の意識が変わってくると思います。

 

費目ごとに予算を立て、使った額を差し引いていきます。今月は予算がいくら残っているか、毎日わかるので使いすぎがはっきり見えます。

★「家計当座帳」をあわせて使うと便利!

昔、何かで読んだ節約術の記事で、

封筒をたくさん用意して、その月に使う食費は「食費」の封筒へ、光熱費は「光熱費」の封筒へ、衣服費は「衣服費」の封筒へ、、、、と現金を入れて、入っているお金しか使わない、

というようなことが書いてありましたが、

家計簿で予算を立てるというのは、費目ごとに現金を封筒に入れるのではなく、それを机上で計算して運用しましょう、ということではないでしょうか。

「予算を立てる」というと難しそうですが(あ、いや、最初は必死でしたけれど。少なくとも私は)、考え方は月初めに現金を目的別の封筒に入れるのと同じで、それを一ヶ月単位ではなく、一年単位で考えましょう、ということですね。

『家計当座帳』については後述します。

 

別冊付録は『すぐわかる予算生活のガイド』。

省エネルギー生活が励めます。CO2排出量年計表と費目の内訳表、50音順の索引がついています。

 あ!

「すぐわかる予算生活のガイド」は『羽仁もと子案家計簿』『予算生活の家計簿』『高年生活の家計簿』で共通のものかと思っていましたが、

中身は少しずつ違うのですね!うわー、今知りました。

「CO2排出年計表」は『予算生活の家計簿』だと本体についているのです。『羽仁もと子案家計簿』では『すぐわかる予算生活のガイド』についているのですね。

 

 『高年生活の家計簿』

記入欄がシンプルで使いやすいとのこと。

子どもが巣立ったり、年金生活に入った機会に。

減収になってもあわてない。

給与生活から年金生活に移った家庭向けの家計簿です。

基本は羽仁もと子案家計簿と同じですが、使いやすいように費目を工夫。子育てが終わっているので教育費をなくし、衣服費は半ページに、保健・衛生費の欄を増やしました。

★「家計当座帳」をあわせて使うと便利! 

これはつまり、この家計簿を使い始める時期は家庭によるってことですね。年金生活に入っても教育費がかかる場合は、羽仁もと子案を使い続けたほうが良さそうですね。

書店でちらっと中を覗いた感じでは、他の家計簿より字が少し大きかったような。私の先入観かもしれないので、どうぞ書店でご確認ください。

別冊付録は『すぐわかる予算生活のガイド』。

家計簿のつけ方、年金生活の実例(2人暮らし、1人暮らし)、費目の内訳表と50音順の索引がついています。

『高年生活の家計簿』の付録に年金暮らしの実例が載っていることも初めて知りました。

 

『家計当座帳』

羽仁もと子案、高年生活の両方に 

★「家計当座帳」をあわせて使うと便利!

と書いてありましたが、家計当座帳は

手元のお金はこの当座帳で、今日あといくら使えるかを家計簿でつかみます。買い物をしたらその日に記入。費目ごとに家計簿へ転記します。

というものです。計算上の現金残高と、実際の現金残高を合わせるためのもの。私の中では使途不明金を出さないためのもの、という認識です。どこかにもそんなことが書いてありました。どこだったかな。

[当座帳の特徴]

①今日、いくらお金をつかったか

②今日までにいくらお金をつかっているか

③つかえるお金が今いくらあるかわかります

近頃は現金以外の決済方法がたくさんあるので特徴をすべて活かすことはできないと思いますが、現金の把握には家計簿とは別に、当座帳(あるいは他のノートでも)があると便利だと思います。 

 

『予算生活の家計簿』

私の使っているはこれです。「家計簿に当座帳機能がついている」ものです。

当座帳を使わなくてもこれ一冊でOK。

とのことですが、私は別ノートを併用しております。

↓そのことを書いた記事 

zipmouse.hatenablog.com

 

この家計簿は食費や献立を一気に管理できるのが売りです。

現金は現金収入欄で把握。副食を魚、肉、野菜、菓子など種類別に記帳します。食べたものに偏りがないかもわかりやすく、献立を決める目安にもなります。

 「出版物のご案内」に書いてあるとおりに写したのですが、「現金収入欄」ではなく「現金の収支」ではないかな。

食べたものの偏りの見やすさは本当です。しかしそれを献立に積極的に活かすことはなかったなあ。そもそも献立をあまり立てないなあ。でも、そうか、そういうふうに活かすといいのね。

基本的な特徴は、『羽仁もと子案家計簿』と同じです。

別冊付録は『すぐわかる予算生活のガイド』。

費目の内訳表、50音別の索引がついています。

この50音別の索引が地味に便利です。これは羽仁もと子案の付録にも、高年生活の付録にもついているようですね。

 

『生活家計簿3.0』

パソコン用家計簿ソフトです。CDーROMでWindowsに対応しています。残念ながらMacでは使えません。

羽仁もと子案家計簿」をもとにした家計簿ソフトです。当座帳画面に入力するだけで、現金、口座、預貯金を管理、決算や予算残高もリアルタイムで表示。グラフ化も簡単です。わかりやすい説明とサポート付き。

数年使ったことがあるのですが、やっぱり紙のほうがいいやと今のスタイルになりました。今思い出しましたが、各費目の翌月繰越を書き写さなくてもいいのは楽でした。自分で決算の計算をしなくていいのも楽ですね。それが仇になった人もいますが(私)。

婦人之友のホームページにお試し版があるそうです。無料で3ヶ月使えるとのこと。詳しくはホームページでご確認ください。私の使っていた頃は試用版なんてなかった・・・

試用版のダウンロード

別冊付録は『すぐわかる予算生活のガイド』。

省エネルギー生活が励めます。CO2排出量年計表付

パソコン版にももれなく「すぐわかる予算生活のガイド」。さすが。

 

一つ一つの家計簿にはリンクを貼りませんでしたが、婦人之友社の家計簿のページはこちらです。

家計簿 2018 | 婦人之友社 生活を愛するあなたに

電話サポートもあるそうです。家計簿のつけ方の質問ができます。

 

□□□□□

 

2012年に制作された家計簿の使い方動画をみましたが、昭和な感じのものでした(5年前なのに!)。動画を見慣れていない方には受け入れられるでしょうが、若い人があの動画からこの家計簿を使いたくなるのか疑問です。私が若い人なら使わない。若い人向けのもっと軽やかな雰囲気のものもあるといいのになあ。いや、もしかして、一周回って新しい感覚として若い人に受け入れられる、、のか、、、?

動画では家計簿の正しい使い方が紹介されていますが、なんだか面倒だなあ、という印象を受けました。まあ、それが正しい使い方なのでしようがないのですけれども、正しい使い方を知った上で、自分流にアレンジして端折って使ってもいいのでは、というのが私の考えです。続けてこその家計簿ですから。面倒で続かないのはもったいないもの。